2021年10月28日 (木)

フレイレフとチョチェク

Freylekhs - Cocek # 5と言う曲は、ほとんどクレズマー音楽のフレイレフ寄りに聞こえます。どこかにチョチェクの部分があるのか、もう少し耳を澄ませる必要を感じます。FreylekhだけでYouTube検索すると、それこそ無限に出てくると思いますので、Freylekhs - Cocek # 5と検索してたまたま出てきた動画が、ジューイッシュ・ウェディングの雰囲気を伝えていてなかなか良いので、こちらを一本目に入れました。Shtetl Neukölln & Tantshoysですが、ベルリン南東部のノイケルンのシュテトル(ユダヤ人集落あるいはコミュニティー)と言う意味のクレズマー・バンドのようです。日本では90年代のようには盛り上がってない感があるクレズマーですが、欧米のユダヤ社会では脈々と受け継がれているのでしょう。(以下放送原稿を再度)

Shtetl Neukölln & Tantshoys #5 - freylekhs

東欧系ユダヤのクレズマー音楽のグループの作品にボバンが客演している音源もありまして、フランク・ロンドン&クレズマー・ブラス・オールスターズ/Brotherhood of Brassと言う同じピラニアのドイツ盤ですが、これはリヴァイヴァル・クレズマーの中心的なグループ、クレズマティクスのトランぺッター、フランク・ロンドンとボバン・マルコヴィッチの両トランぺッターの夢の共演と思われます。祭礼音楽の一種である東欧系ユダヤのフレイレフとロマのチョチェクを合わせる試みでもあるようです。

<Frank London's Klezmer Brass Allstars / Brotherhood of Brass ~Freylekhs - Cocek # 5 (feat. Boban Markovic) 5分22秒>

| | コメント (0)

2021年10月27日 (水)

ハヴァ・ナギラ

90年代から雑誌やムックなど方々に、ハヴァ・ナギラはアハヴォ・ラボ旋法の典型、マイム・マイムはイエメン系ユダヤの古風な旋法の典型と書いてきましたが(この情報はディスコグラフィ作成で協力させて頂いた水野信男先生の著書を参考にしています)、久しぶりにハヴァ・ナギラを聞きました。この曲については、90年頃に聞いたロシアのメジクニーガ盤のモスクワ・シナゴーグの男声合唱のインパクトが強く、いまだにハシディックの髭をたくわえ黒ずくめの男性の歌声が念頭にあります。イスラエルの民族音楽にもなっていますが、その曲をセルビアのロマ楽師が演奏するというのは、この盤が出た頃は不思議な気もしました。フランク・ロンドンがレパートリーを持ち込んだのか、ユダヤとロマの楽師間でレパートリーの交換が元からあったのか、その辺に関心があります。バラライカ・アンサンブルとダンスの演奏を一本目に、2本目が2002年に出たライヴ・イン・ベオグラードのボバン・マルコヴィッチの音源です。日本のチャランポランタンもやっていたので、3本目に。(以下放送原稿を再度)

HAVA NAGILA DANCE

このライヴ・イン・ベオグラードには、ユダヤの名曲「ハヴァ・ナギラ」も入っています。東欧系ユダヤのハシディック・ソング由来の高揚感をどう表現しているかが聞きものです。

<Boban Marković Orkestar / Live in Belgrade ~Hava Naguila 3分33秒>

Hava Nagila - Japanese Style

| | コメント (0)

2021年10月25日 (月)

Boban Marković Orkestar

ゼアミdeワールド282回目の放送、日曜夜10時にありました。27日20時半に再放送があります。宜しければ是非お聞き下さい。クレズマー絡みの曲は水曜以降に。

セルビアの音楽の4回目です。今回は映画「アンダーグラウンド」から注目されるようになったボバン・マルコヴィチ・オーケスターの何枚かの音源からご紹介します。グチャ村のブラス・コンテストで2000年度最優秀バンドに選出され、リーダーのボバンは上記コンテストで2001年に最優秀トランペッターに選出されています。

まずは独Piranhaから2002年に出たライヴ・イン・ベオグラードから、クストリッツァ監督、ボバン・マルコヴィッチ音楽のお馴染みの2曲、「アンダーグラウンド」からメセチナと「ジプシーのとき」からエデルレジを続けておかけします。

<Boban Marković Orkestar / Live in Belgrade ~Mesecina 4分59秒>

<Boban Marković Orkestar / Live in Belgrade ~Ederlezi 5分43秒>

このライヴ・イン・ベオグラードには、ユダヤの名曲「ハヴァ・ナギラ」も入っています。東欧系ユダヤのハシディック・ソング由来の高揚感をどう表現しているかが聞きものです。

<Boban Marković Orkestar / Live in Belgrade ~Hava Naguila 3分33秒>

東欧系ユダヤのクレズマー音楽のグループの作品にボバンが客演している音源もありまして、フランク・ロンドン&クレズマー・ブラス・オールスターズ/Brotherhood of Brassと言う同じピラニアのドイツ盤ですが、これはリヴァイヴァル・クレズマーの中心的なグループ、クレズマティクスのトランぺッター、フランク・ロンドンとボバン・マルコヴィッチの両トランぺッターの夢の共演と思われます。祭礼音楽の一種である東欧系ユダヤのフレイレフとロマのチョチェクを合わせる試みでもあるようです。

<Frank London's Klezmer Brass Allstars / Brotherhood of Brass ~Freylekhs - Cocek # 5 (feat. Boban Markovic) 5分22秒>

セルビア北部ヴォイヴォディナ出身のハンガリー系超絶ヴァイオリニスト、ライコー・フェリックスとの共演盤もありますが、時間が超過しますので、次回に回します。
では最後に2009年のDevlaから、タイトル曲のデヴラとマルーシュカを時間まで聞きながら今回はお別れです。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<Boban I Marko Marković Orkestar / Devla ~Devla 3分23秒>
<Boban I Marko Marković Orkestar / Devla ~Maruska ~3分6秒>

| | コメント (0)

2021年10月22日 (金)

アンダーグラウンドのラストシーン

いよいよアンダーグラウンドのラストシーンです。一昨日の痛ましい場面の後、クロは懐かしい「地下室」にたどり着き、ドナウ河で溺死したと思われる息子ヨヴァンの「タタ!(お父ちゃん、のようなニュアンス?)」と呼ぶ声と共に、井戸の中に結婚式の姿のままのヨヴァンの幻影を見ます。いてもたってもいられず井戸に飛び込んでからは、クロの白日夢なのか溺れ死んでしまったのか分かりませんが、ドナウ河の中で懐かしい面々に再会。マルコ、ナタリア、更にはロマの楽師までいます。
ドナウ河に面した小さな半島の場面に変わり、高らかにシェヴァ(ひばり)の曲が始まります。牛が続々と泳いで陸に上がり(牛の泳ぎの上手さにびっくり!)、ヨヴァンとエレナの結婚式の続き?が行われています。第一章で死んだはずのクロの妻、マルコ、ナタリアも正装して宴にやって来ます。マルコの弟イヴァンもいます。おそらく彼岸での宴なのでしょう。泣けるシーンです。このシーンにカラシニコフを被せているYouTubeがありますが、これでは逆戻りです。映画はシェヴァ(ひばり)だけで高らかに全編を終えています。
字幕無しですが、2本目に映画全編を上げておきます。アンダーグラウンドは、セルビア語ではポド・ゼムリエ。ロシア語でも全く同じで、ゼムリアは北極海のノヴァヤゼムリャ(「新しい大地」の意味)のゼムリャですから、聞いたことのある方もいらっしゃると思います。

Underground - Finale

Underground (Podzemlje) [1995] / (Ceo Film)

| | コメント (0)

2021年10月21日 (木)

アンダーグラウンド 結婚式のシーン

伝説のラストシーンに行く前に、第二章の地上が冷戦時代の映像を探してみました。一つには、ウェディング・チョチェクがどこで使われていたかはっきり分からず、結婚式のシーンかなと思ったからで、やはりナタリアが戦車に上る有名なシーンでかかっていました。ここだけのYouTubeはなさそうです。
1本目の、地下世界で行われるクロの息子ヨヴァンとエレナの結婚式の直前のナタリアの怪我のシーンでかかっているのはアウセンシアの変奏曲のようなアンダーグラウンド・タンゴ(この後との繋ぎが分かり難く、完全版を見ればすっきり分かるのかも知れません)、結婚式のシーンの最初エレナが空中から入場する際にジプシー・バンドが演奏しているのは、有名なモンティのチャールダッシュです。これはサントラにはありませんでした。
2本目ではメッセチナが出てきますが、奇妙な三角関係の主役3人が並んだこの2回目のメッセチナを歌うシーンは最高で、後の悲劇を思うと、ここを見るだけでウルウル来てしまいます。ナタリアの演技と表情が最高。その後の酒に酔ってのご乱心はご愛嬌ということで(笑)

Underground - Kusturica

Underground Kusturica - Wedding scene

| | コメント (0)

«アウセンシア=absence(不在)