2021年9月20日 (月)

Slovenia - Folk Songs from the Frankie Yankovic Collection

ゼアミdeワールド277回目の放送、日曜夜10時にありました。22日20時半に再放送があります。宜しければ是非お聞き下さい。レジア渓谷の方は水曜以降に。Frankie Yankovic Collectionの音源は、古き良き60年代のスロヴェニアを思い出させるとの意見もありました。

スロヴェニアの音楽の2回目です。スロヴェニアの民族音楽のまとまった音源としては、ドイツのTrikontから出ていたDer Bleiche Mondと英ARCのTraditional Music of Slovenia以外に、おそらくスロヴェニア盤と思われるSlovenia - Folk Songs from the Frankie Yankovic Collectionと、イタリア北東部フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州のレージア渓谷に住むスロヴェニア人の録音があります。今回はSlovenia - Folk Songs from the Frankie Yankovic Collectionとレージア渓谷の盤からご紹介します。

とは言いましても、Slovenia - Folk Songs from the Frankie Yankovic Collectionは現物を見たことのないアイテムですし、レージア渓谷の方も品切れで手元に残ってないので、曲の詳細は不明です。Frankie Yankovic Collectionの方は男女の歌をアコーディオンなどが伴奏していますが、チロル風な曲調が多く、曲によってはシャンソンのようにも聞こえます。余談ですが、大指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンの母方はスロヴェニア人の家系であり、民族的にはスラヴ人の血を引いているそうです。この盤の全32曲ほとんどがこのチロル風の音楽で、なかなか違いを聞き分けるのが難しいです(笑) 1曲目から3曲続けます。

<1 Sneška Šterbenc / Tell Me Why (Waltz) 3分11秒>

<2 Joseph Kelbel Orchestra / Sell My Skirt / I Saw My Girl Last Night / We Are Slovenian Lads 2分7秒>

<3 Bozo Groselj & Branka Stergar / I Am Young / At Dawn the Frost Fell 1分46秒>

クロアチア北西部のイストリア辺りにイタリア人がいたのと入れ違うように、イタリア北東部のヴェネツィアの更に東に位置するフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州のレージア渓谷には、スロヴェニア系少数民族がいて、この地での録音がジョン・ゾーンのレーベルAvant Recordsから96年に出ておりました。イタリアにスラヴ人がいた!と当時非常に驚いた音源です。よく聞くとスラヴ語らしき発音が聞こえてきます。フィドル(citara)と3弦チェロ(bunkula)を中心に、足の踏み鳴らしの生み出すシンプルなリズムは、アラン・ローマックスが録音したイタリアの本物の民謡にもそっくりですが、バルカンやハンガリーの音楽に近い面も見いだせるのかも知れません。そのリズムの出てくる3曲目から3曲続けます。

<3 Ta-do Z Te Biske Jasane 2分23秒>
<4 Ta Matjonawa 1分29秒>
<5 Ta Pustawa 2分32秒>

Brian Olewnickのレビューによると「真のハイライトのいくつかは、無伴奏の女性の重唱で、WödaTaJurüdinaは、このレコーディングの時点で70歳だった2人の女性のデュエットです。失われた愛に対する彼女らの嘆きの優しさは印象的です。」とあります。その6曲目のWoda Ta Jurudinaを次におかけします。

<6 Woda Ta Jurudina 4分6秒>

では最後に、賑やかな歌声と共に足を踏み鳴らし、ヨーデルのような掛け声も入った、場の盛り上がりの様子がよく分かる曲を聞きながら今回はお別れです。最初の2曲がCDのラスト2曲のTa Lipawskaと、チロリアンの叫び声のような僅か4秒のJuhuhuc…!で、後の2曲は11、12曲目共通のPoti Mi Do Po Lipjeと言う曲で、2曲目の方が同じ曲のインストです。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<20 Ta Lipawska 2分42秒>
<21 Juhuhuc…! 4秒>
<11 Poti Mi Do Po Lipje 52秒>
<12 Poti Mi Do Po Lipje 2分26秒>

| | コメント (0)

2021年9月17日 (金)

Vokalna Skupina LanとBrina

女声合唱のVokalna Skupina Lanと、トラッド・グループのBrinaの映像も色々ありましたが、放送でかけたMed zvezdamiはなさそうでした。代わりに2011年のライブ映像を上げておきました。女性ヴァイオリニストの凄腕にびっくり。Vokalna Skupina Lanの方が動画は多く上がっているようです。Cvice mi polje pokriloの同じ曲名で、イストリアの舞踊とバグパイプの映像が出てきましたが、やはり不協和音が異色を放っています。スロヴェニアの涼やかな合唱とは、まるっきり違います。ごく近くなのに、この違い。不思議です。(以下放送原稿を再度)

3曲目は無伴奏の女声合唱で、この曲も涼し気な印象です。スラヴ色は薄く感じます。北欧かバルトの合唱のようにも聞こえる清涼感があります。

Vokalna Skupina Lan / Cvice mi polje pokrilo

Vokalna skupina Lan Metlika Lahko noč

Folklorna skupina KOLO - "Cviće mi polje pokrilo"

おそらく「星の中で」と言う意味の6曲目の歌は少しケルト色さえも感じさせ、ますますどこの国の音楽か分からなくなるような曲です。星のzvezdamiはロシア語ではズヴェーズダですから、言葉からスラヴ系と分かります。Brinaと言うグループの演奏は3曲ありますが、いずれもどこか他国の音楽をミックスしている感じです。

Brina / Med zvezdami (I Himmelen)

BRINA Mlado leto, Sax Pub 2011

| | コメント (0)

2021年9月16日 (木)

Viniski Tamburasi

トルコから伝わった弦楽器の流れを汲むタンブーラのトレモロ奏法はマンドリンにも似ていますが、掛け声と踊りはチロルが近く感じるという、スロヴェニアの伝統音楽は南北の要素が入り混じって、何とも不思議です。Viniski Tamburasiの映像は色々ありましたが、民族舞踊と一緒のこちらを上げておきました。この映像では楽士も民族衣装を着ています。2本目はARC盤の一曲目です。3本目は、昨日イグライ・コロと検索して出てきた一本で、これは音楽、踊りとも最高に面白いです。南北の音楽が入り混じっているだけでなく、唯一無二の素晴らしい音楽と踊りです。(以下放送原稿を再度)

Viniski tamburasi.mp4

ARC盤の1曲目に戻りましてViniski Tamburasiの演奏は、タンブーラの涼し気な合奏音楽で、雪山を望む湖と古城の景色のジャケットのイメージ通りの音楽と言えるでしょうか。

<1 Viniski Tamburasi / Kopriva, Seljancica, Carska kasa, Pobelelo pole, Lepa anka, Prelosko svatbeno 3分36秒>

"Igraj kolo!" - igre sa Ozrena i Trebave

| | コメント (0)

2021年9月15日 (水)

イグライ・コロ、ヤブコ

一昨日のIgraj kolo, jabukoと言う曲は、少し違う旋律があるようです。曲名はロシア語からも容易に推測が効いて、「コロを弾いて、リンゴよ」かなと思いますが、ヤブコ(リンゴ)にはどういう意味を込めているのかが気になります。1本目の男性が弾いているのが、スロヴェニアのタンブーラでしょうか。初めて見ましたが、胴の後ろが意外に丸いなと言うのと、奏法はマンドリンに似ているようにも見えます。jabukoとjabolkoなど、色々綴りがあるのは、スロヴェニアの狭い国土ながら山がちの地形のため、方言差が激しいためでしょうか。2本目は1本目のメンバーのようです。今日の3本辺りが正調で、ヴォドメッツの演奏はヴァリエーションと言うことでしょうか?

 

Igraj kolo jabolko, jabolko rudeče...

 

Jabolko Rudeče

 

Igraj kolo jabuko / Brencl banda

| | コメント (0)

2021年9月13日 (月)

スロヴェニアの音楽

ゼアミdeワールド276回目の放送、日曜夜10時にありました。15日20時半に再放送があります。宜しければ是非お聞き下さい。今日の動画はVodomecの2曲のみです。

今回から数回、スロヴェニアの音楽を聞いて行きたいと思います。セルビアやクロアチアと同じく南スラヴ系の民族ながら、旧ユーゴ諸国の中で一番北に位置することからドイツ、オーストリアの影響が強く、イタリアにも近いことから、イタリアの要素も感じられます。

スロヴェニアの民族音楽のまとまった音源としては、ドイツのTrikontから出ていたDer Bleiche Mondと英ARCのTraditional Music of Sloveniaが特に知られていると思いますが、いずれも品切れで手元に残ってない状態でした。ARCの方はストリーミングにありましたが、重要音源の集まったトリコント盤の方はMDでデータを残してあったと思うので、見つかったらおかけしたいと思います。他にはストリーミングで見つけたおそらくスロヴェニア盤と思われるSlovenia - Folk Songs from the Frankie Yankovic Collectionと、イタリア北東部フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州のレージア渓谷に住むスロヴェニア人の録音位です。

異色な方面としては、80年代から活躍するライバッハがいまして、個人的に80年代はニューウェーヴやインディーズにどっぷりだったので、LPも持っていましたが、今も活動が続いていることを今回初めて知って非常にびっくりしました。LPは行方不明ですがストリーミングで聞けますので、この番組でかけられそうな曲がありましたら取り上げたいと思います。

ARCの音源をかける前に、前回かけた1950年代初頭のユーゴスラヴィアの2枚のアナログ音源にも1曲ずつ入っていますので、まずはこちらからおかけします。Songs and Dances of Yugoslaviaには、1曲だけスロヴェニアのPolkaが入っています。演奏者がYodeler with accordion(ヨーデル歌手のアコーディオン弾き語り)となっている通り、隣接するオーストリアのチロル音楽が非常に近く感じられます。

<14 Polka 39秒>

Folk Music of Yugoslaviaの方にはSlovenia: Danceと言うタイトルで、やはりチロル風な合唱が入っています。

<11 Slovenia: Dance 58秒>

ARC盤ですが、スロヴェニアの伝統音楽を少し現代的にアレンジして演奏しているグループを集めている印象でした。タンブリッツァのように聞こえる弦楽器が頻繁に出てきますが、スロヴェニアではタンブーラと呼ぶようです。現物が手元にないので、解説を参照できないのが残念です。

この盤で特に耳に残ったヴォドメッツと言うグループの曲を2曲続けておかけします。東に位置するハンガリーの影響も感じられるIgraj kolo, jabukoと、チロルかイタリアのどちら寄りか判別が難しいVse ticice lepo pojo,~の2曲です。

<7 Vodomec / Igraj kolo, jabuko 3分12秒>

<14 Vodomec / Vse ticice lepo pojo, Dobro se je rano uraniti, Popito vince ne dojde vec, Pivaj vzivaj in prepevaj 4分52秒>

この盤の1曲目に戻りましてViniski Tamburasiの演奏は、タンブーラの涼し気な合奏音楽で、雪山を望む湖と古城の景色のジャケットのイメージ通りの音楽と言えるでしょうか。

<1 Viniski Tamburasi / Kopriva, Seljancica, Carska kasa, Pobelelo pole, Lepa anka, Prelosko svatbeno 3分36秒>

3曲目は無伴奏の女声合唱で、この曲も涼し気な印象です。スラヴ色は薄く感じます。北欧かバルトの合唱のようにも聞こえる清涼感があります。

<3 Vokalna Skupina Lan / Cvice mi polje pokrilo 1分43秒>

おそらく「星の中で」と言う意味の6曲目の歌は少しケルト色さえも感じさせ、ますますどこの国の音楽か分からなくなるような曲です。星のzvezdamiはロシア語ではズヴェーズダですから、言葉からスラヴ系と分かります。Brinaと言うグループの演奏は3曲ありますが、いずれもどこか他国の音楽をミックスしている感じです。

<6 Brina / Med zvezdami 4分21秒>

少しクロアチアのタンブリッツァ楽団にも似ているかなと思うTamburasi Kud Oton Zupancic Gradacの演奏を時間まで聞きながら今回はお別れです。コロなどの舞曲ですが、やはり涼し気な印象です。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<11 Tamburasi Kud Oton Zupancic Gradac / Zeleni jure, Tribucko kolo, Lepa anka, Carska kasa, Ivanic kolo 4分45秒>

| | コメント (0)

«Vasilija Radocicの歌声とセルビアのコロ