2021年12月 8日 (水)

アルーマニアの歴史

放送でかけたかけたシャン・デュ・モンド盤だけでなく、アルーマニアの音源はYouTube上にはほとんど見当たりませんが、彼らのポップスらしき映像がありました。ポップスでもポリフォニーの時と声と歌唱スタイルが似ているように思います。その前にアルーマニアの歴史に付いて、簡潔に日本語でまとめられた一本がありましたので、こちらを1本目に入れておきます。ギリシアのサラカツァニとの関係について調べていましたが、店が忙しくなって中断しましたので、また明日か明後日に。

アルーマニア人

Stelu Enache - Di-una eta him armanji

| | コメント (0)

2021年12月 6日 (月)

アルーマニアのポリフォニー

ゼアミdeワールド288回目の放送、日曜夜10時にありました。8日20時半に再放送があります。宜しければ是非お聞き下さい。シャン・デュ・モンドのクリーム色のジャケットのシリーズは名盤が多かったのですが、いずれも廃盤でYouTubeにもほとんど上がってないようです。おそらく唯一で、バグパイプ弾き語りだけありました。

ルーマニアの2回目は、仏Chant du mondeから出ていた「アルーマニアのポリフォニー」(Vocal Polyphony of the Arumanians)と言う盤です。ルーマニアの前に「ア」が付きます。90年代の内には廃盤になっていて現在は入手不可の盤です。この盤はルーマニア南東部ドブロジャ地方での録音ですが、アルーマニア人はギリシア、アルバニア、マケドニア、ブルガリアなど、バルカン半島南部各地に点々と居住しています。ローマ帝国の公用語だったラテン語由来のルーマニア語では周囲のスラヴ語からの借用語も多いのに対して、アルーマニア語は南に寄っていたためギリシア語起源の語彙が多いそうです。ローマ帝国内で話されていた口語ラテン語から分化したヴラフの言葉とルーマニア語は方言程度の差だと思いますが、アルーマニア語とルーマニア語の相互理解は、なかなか難しいようです。

ヴラフ人の定義ですが、広義に取ればルーマニア人やアルーマニア人も入れるようです。現代のルーマニア人を古代のダキアのルーマニア人と言う意味でダコ=ルーマニア人と呼び、その他にアルーマニア人、モルラク人(Morlachs)、メグレノ=ルーマニア人(Megleno-Romanians)、クロアチア西部イストリア半島のイストロ=ルーマニア人(Istro-Romanians)などが含まれ、ヴラフ人とは自民族の国としてルーマニアを持つルーマニア人を除いた人々を指すことが多い、とされています。

まずはアルーマニアのポリフォニーを3曲続けておかけしますが、最初の2曲がアルバニア系、最後の曲がギリシア系のようで、よく聞くと歌唱が違っています。アルバニア系では独特なポルタメントが目立ち、ギリシア系は旋律と持続低音ドローンの組み合わせがギリシア正教の歌唱に近いように思います。

<1 Song. Female Duo And Mixed Drone 2分29秒>
<2 Song. Male Duo And Drone 4分4秒>
<3 Song. Alternate Male Trio And Drone 5分14秒>

この仏Chant du mondeの「アルーマニアのポリフォニー」に入っているのは、二つの大戦の際の住民交換でアルバニアとギリシアからルーマニア東部に移住してきた人々による演奏ですので、ポリフォニーはアルバニアやギリシアの歌唱に似ています。「地中海のポリフォニー」のシリーズ名通り、コルシカやサルディニアと近い部分もあると思います。
楽器で入っているのは唯一バグパイプで、これはブルガリア風にも聞こえます。因みにポリフォニーが盛んなこの地域のアルーマニア人の間ではロマの音楽家も出る幕がないそうです。

バグパイプ演奏を2曲おかけしますが、最初の曲は弾き語りで歌っていて、2曲目はドイナ・スタイルのフリーリズムから始まる独奏です。

<6 Bagpipe Solo 3分18秒>
Hristu Budina - Bagpipe Solo With Sung Parts ( Vocal Polyphony Of The Arumanians )

<7 Bagpipe Solo 6分15秒>

では最後に3曲入っている結婚式の歌から、「花嫁の出発」の部分を聞きながら今回はお別れです。日本の木遣り歌のようなアンティフォーナルな合唱は、アルーマニアならではです。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<9 Wedding Song, for the departure of the bride 5分9秒>

| | コメント (0)

2021年12月 3日 (金)

Splet igara iz Srbije

3月から続いた旧ユーゴ諸国の音楽巡りは、泣いても笑っても今日で終わり。次週からルーマニアですが、おそらく番組20回はかけると思います。その後はハンガリー、これも20回は行くでしょう。と言うことは両国終えてチェコ、モラヴィア、スロヴァキアに入るのは、早くて8か月後です。ルーマニアとハンガリー関連のユダヤ音源をどこで入れるかもありますので、入れていった場合、1年後になるかも知れません。
セルビアのラストは、放送の最後にかけたSveti SavaのSplet Igara Iz Centralne I Zapadne Srbijeで、セルビアの中部と西部の音楽のようですが、この曲もルーマニア音楽に似て聞こえる部分があるように思いました。ワラキア西部のオルテニアは、すぐ近くですから似てくるのでしょうか。2本目は舞踊のライブ映像の中では、一番ARC盤に似た演奏に聞こえました。

Splet Igara Iz Centralne I Zapadne Srbije

Splet igara iz Srbije

| | コメント (0)

2021年12月 2日 (木)

オルテニア組曲とコマネチ カクリカの歌声

今日のゲオルゲ・ザンフィルの1本には、昨日のブルウとは別のルーマニア南部ワラキアのオルテニア地方の舞曲が色々出てきます。7分30秒頃から出てくる曲は、1977年頃ナディア・コマネチが床運動に使っていた曲です。当時TVから録音したカセットが残っているので、間違いありません(笑) 1976年のモントリオール五輪で10点満点を連発した時は別な曲で、これは20年以上経ってクレズマーのレパートリーに見つかりました。この辺りはタラフ・ドゥ・ハイドゥークスで聞いた記憶が余りありませんが、また探してみます。オルテニアはタラフを聞く前からワラキア音楽の中心のイメージがあります。

Suita Oltenesca

カクリカのライブ映像がありました。この曲も来日の際に何度か聞いた覚えがあります。ステージが懐かしいです。(以下放送原稿を再度)

セルビア東部のヴラフ人の葬儀の音源に、Padura, Sora Paduraと言うバラードがありまして、2回前にかけましたが、この曲は「森、姉妹の森」のような意味でした。埋葬後に故人の家で歌われるということでしたが、そっくりなタイトルの曲がタラフ・ドゥ・ハイドゥークスにもありまして、こちらはラヴソングと言う解説になっています。曲名はPadure Verde, Padureで、やはり「緑の森、森」のような意味です。タラフ・ドゥ・ハイドゥークスの2000年頃の来日の際は、長老の一人だったカクリカがツィンバロム弾き語りでエモーショナルな歌声を聞かせています。彼は88年にオコラから出ていた「ワラキアのジプシー音楽」でニコラエ・ネアクシュやイオン・マノレと一緒に名を連ねています。3人とも故人になってしまいました。

Taraf de Haidouks Clejani Roata - Cacurică( "Pădure verde,pădure")

| | コメント (0)

2021年12月 1日 (水)

タラフのBrîu(ブルウ)=オルテニア地方の踊り

タラフ・ドゥ・ハイドゥークスのゲオルゲ・ファルカルが縦笛で吹いていたBrîu(ブルウ)と言う曲は、ゲオルゲ・ザンフィルのパンパイプ演奏では「オルテニア地方の踊り」となっていました。ザンフィルの演奏をLPで聞いたのは1977年、ゲオルゲ・ファルカルの演奏をライブで見たのは確か2000年でした。ザンフィルのLPのオープニングを飾っていた快活なこの曲は強く印象に残っていて、まさか同じ曲がタラフのステージで飛び出すとは思ってなかったので、驚きました。ファルカルは2016年に62歳の若さで亡くなっています。もう聞けないかと思うと寂しい限りです。タラフのCDでは、クラムドのHonourable Brigands, Magic Horsesに入っていました。彼の吹いている縦笛は、fluteとしか書かれていませんが、おそらくセルビアのフルーラと同系統なのではと思います。
1本目がタラフ・ドゥ・ハイドゥークスのBrîu(ブルウ)、2本目がゲオルゲ・ザンフィルの「オルテニア地方の踊り」、3本目は似た感じのセルビアの曲として番組でかけたFolk Dance Ensemble VilaのVisocko koloです。

TARAF DE HAIDOUKS Live at Union Chapel (Briu)

Gheorghe Zamfir - Briul Oltenesc.

Visocko kolo

| | コメント (0)

«セルビアの9回目とルーマニアの1回目