« J.S.Bach / Cello Suite No.2 - Prelude | トップページ | J.S.Bach / Cello Suite No.2 - Courante, Sarabande »

2007年9月13日 (木)

J.S.Bach / Cello Suite No.2 - Allemande

昨日に続いてJ.S.バッハの無伴奏チェロ組曲第2番からアルマンドです。
前後2部構成になったドイツ風舞曲のアルマンド。前半後半2回ずつリピートします。ゆったりと荘重ですが、小技も随所に入ったなかなかの難曲。
演奏はラトヴィア生まれのユダヤ系名チェリスト、ミッシャ・マイスキー。
マイスキーは他の演奏家が入れない音を和音で所々入れて演奏。
(本稿は、地元のSNS、イマソウにアップしていた記事の転載)

Bach - Cello Suite No.2 ii-Allemande

|

« J.S.Bach / Cello Suite No.2 - Prelude | トップページ | J.S.Bach / Cello Suite No.2 - Courante, Sarabande »

J.S.バッハ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J.S.Bach / Cello Suite No.2 - Allemande:

« J.S.Bach / Cello Suite No.2 - Prelude | トップページ | J.S.Bach / Cello Suite No.2 - Courante, Sarabande »