« ホラサーンの名歌手スィマ・ビナ | トップページ | ベスト・オブ・ルーマニアン・フォーク・ミュージック »

2007年9月18日 (火)

ネイ

ネイは、イランやトルコで演奏されている葦笛。
ペルシア文化の華、ルーミーの詩でも度々歌われています。
ルーミーはペルシアの詩人ですが、当時は現在のトルコまで一つの国(セルジュク・トルコ)だったので、トルコのコンヤに彼が創立したスーフィーのメヴレヴィー教団があります。トルコ旅行された方は行った人も多いでしょう。ターキッシュ・ブルーの余りに美しいモスクは有名です。

イランのネイは、歯の隙間から息を吹き入れ、舌などで調節しますが、トルコの方はストローのような吹き口が付いています。
イランのネイは、ただの筒に真鍮の筒をはめただけ。鳴らすだけでも至難の業です。トルコの方は多少鳴らしやすそう。

Kasaee play ney solo

イランのネイ奏者と言えば、まずこの人、ハッサン・キャサイー。
現代のネイ奏者のかなりが影響を受けている往年の名人です。
イランの古都イスファハーンの人。短いですが、とても貴重なソロ映像です。


ney taksimi hicaz

こちらはトルコのネイ演奏。奏者は不明。ヒジャーズというとてもエキゾチックで代表的なアラブ~トルコの旋法での即興演奏(タクシーム)。
メヴレヴィーと言えば、スカートのような白衣にトルコ帽の旋回舞踏で有名ですが、ネイは伴奏の中の中心楽器です。


Mercan Dede - Ney ve Semazen Gosterisi - Universiade 2005

こちらはメヴレヴィー音楽の現在形。メルジャン・デデは、昨年の「ラマダンの夜」というイスラーム圏の音楽のコンサート・シリーズでも来日しました。
耽美的なメヴレヴィー音楽とでも言えましょうか。

(本稿は、地元のSNS、イマソウにアップしていた記事の転載)

|

« ホラサーンの名歌手スィマ・ビナ | トップページ | ベスト・オブ・ルーマニアン・フォーク・ミュージック »

ペルシア音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネイ:

« ホラサーンの名歌手スィマ・ビナ | トップページ | ベスト・オブ・ルーマニアン・フォーク・ミュージック »