« タラフ・ドゥ・ハイドゥークス | トップページ | 無伴奏ヴァイオリンも! »

2007年9月22日 (土)

ホラ・スタッカートとチョカリーア

ヤッシャ・ハイフェッツは、ロシア出身のユダヤ系のヴァイオリン名人で、不世出の巨匠。
曲は、ハイフェッツがアンコール・ピースでよく弾いていた「ホラ・スタッカート」です。
19日にアップした「ベスト・オブ・ルーマニアン・フォーク・ミュージック」の最初を飾っていた曲です。おそらく「ひばり(チョカリーア)」に次ぐルーマニアの有名曲だと思います。

ルーマニアのフィドラー、ディニクが演奏していた曲をハイフェッツがアレンジ。
曲名はルーマニアの民俗舞曲ホラをスタッカートで、というニュアンス。
一弓で音をたくさん飛ばす超絶技巧の「ワンボウ・スタッカート」で聴衆をあっと驚かせた曲です。多いのでは32の音を一弓で弾いています!!  
下げ弓の時はハイフェッツでもさすがに難しいのか、ボウイングが曲がっていますが。

ハイフェッツのアレンジが入って有名になった曲ですが、ディニク自身の演奏がどんなだったのか、それが聞いてみたいという声もありました。ハイフェッツはディニクのことを、私がかつて聞いた中で最も素晴らしいヴァイオリニストだと賞賛していたそうです。
グリゴラーシュ・ディニク (Grigoraş Dinicu(April 3, 1889 -- March 28, 1949)

Jascha Heifetz plays Hora Staccato

George Enescu,Ciocarlia

ルーマニアの大作曲家兼ヴァイオリニスト、ジョルジュ・エネスコによる「ひばり」の演奏。この曲もディニクの作った曲でした。これは意外に知られていない事実かも。エネスコは、彼の代表作「ルーマニア狂詩曲第1番」のラストにチョカリーアを引用しています。タラフ・ドゥ・ハイドゥークスやファンファーレ・チョカリーアだけでなく、ラウタールならこの曲をやらない者はいないと思われる程の有名曲です。鳥の鳴きまねのアドリブが聞かせ所。

(本稿は、地元のSNS、イマソウにアップしていた記事に補筆したもの)

|

« タラフ・ドゥ・ハイドゥークス | トップページ | 無伴奏ヴァイオリンも! »

ルーマニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホラ・スタッカートとチョカリーア:

« タラフ・ドゥ・ハイドゥークス | トップページ | 無伴奏ヴァイオリンも! »