« 通行人 | トップページ | 公衆ベンチの恋人たち »

2007年10月 3日 (水)

Il n 'y a pas d 'amour heureux

ブラッサンス特集の第5弾。今日のはビデオとしてはこれまでで一番の傑作だと思いますが、余りにもペシミスティックな歌詞。 訳を載せて良いものかどうか・・・躊躇いました。
ルネ・ファレ氏の解説で、あの「暗い日曜日(Sombre Dimanche)」が対比されるほど。
なので、フランス語だけにしようかと思いましたが、、、訳詩も載せてしまいましたw
シュールレアリストのアラゴンが、こんな詩を書いていたとは驚き。

Georges Brassens - Il n'y a pas d'amour heureux

 <ギターのひと節にどれだけすすり泣かずには居れないことか> 
ブラッサンスが舞台で『幸せな愛はない』を歌うと、我々はジーンと胸を締め付けられたものだった。彼はアラゴンのこの詩に、あまりにもぴったりの様子だった。「あれは演技なんだろうか、それとも?」ひどく悲しげな彼の大きな眼を見て、演技ではないと、ひとは思うのだった。『幸せな愛はない』、この絶望は「暗い日曜日」のように、この唄のどの節でも繰り返される。悲哀の詩がこれ程切々と歌われたことは無かった。だがそれはディスクの上だけのことにして、彼が誰のために歌ったのかは詮索しないことにしよう。さもなくば男女を問わず誰もが疑念の対象になりかねない。  解説:ルネ・ファレ

幸せな愛はない   Il n 'y a pas d 'amour heureux 1954

         ルイ・アラゴン詩
   人間に得られるものは何もありはしない
   その強さもその弱さもその心も 
   自分では腕を広げていると思っても落とす影は十字架を描いている
   幸せを掴もうと思いながらそれを引き裂いているのだ
   生きるということは奇妙な苦しい別れなのだ
   幸せな愛はない

   生きるということは武器のないこの兵士たちに似ている
   あらぬ運命のために服を着せられ
   朝起きることが彼等の何に役立つというのだ
   夕方には捕らわれの身となりなすことも無く寄る辺ない彼等
   「我が人生」とそう呟いて涙をこらえるがいい
   幸せな愛はない

   私の美しい愛よ いとしい愛よ 私の痛みよ
   私はお前を傷ついた小鳥のように私の中に持ち運ぶ
   そんなことも知らずに彼等は私たちが通り過ぎるのを眺め
   つきまとうように私の編み出した言葉を繰り返す
   お前の大きな目に見つめられてたちまち死に絶えたあの言葉を
   幸せな愛はない

   生きることを学ぶにはもう時が遅すぎる
   声を合わせて私たちの心は夜もすがらどれだけ泣くことか
   何でもないない小唄にどれだけ心痛み
   喜びに震えた償いに悔恨がどれだけ身を攻め
   ギターのひと節にどれだけすすり泣かずには居れないことか
   幸せな愛はない

(注)
・「ルイ・アラゴン」 (1897-1982)パリ生まれの詩人・作家。シュールリアリスムを離れてコミュニスムに徹し、のちに抵抗派の国民詩人として大成した。妻に捧げた詩「エルザの瞳」はシャンソンとして歌われ有名。

Rien n'est jamais acquis a l'homme. N... Rien n'est jamais acquis a
l'homme. Ni sa force
Ni sa faiblesse ni son coeur. Et quand il croit
Ouvrir ses bras son ombre est celle d'une croix
Et quand il croit serrer son bonheur il le broie
Sa vie est un etrange et douloureux divorce

Il n'y a pas d'amour heureux

Sa vie elle ressemble a ces soldats sans armes
Qu'on avait habilles pour un autre destin
A quoi peut leur servir de ce lever matin
Eux qu'on retrouve au soir desarmes incertains
Dites ces mots ma vie et retenez vos larmes

Il n'y a pas d'amour heureux

Mon bel amour mon cher amour ma dechirure
Je te porte dans moi comme un oiseau blesse
Et ceux-la sans savoir nous regardent passer
Repetant apres moi les mots que j'ai tresses
Et qui pour tes grands yeux tout aussitot moururent

Il n'y a pas d'amour heureux

Le temps d'apprendre a vivre il est deja trop tard
Que pleurent dans la nuit nos coeurs a l'unisson
Ce qu'il faut de malheur pour la moindre chanson
Ce qu'il faut de regrets pour payer un frisson
Ce qu'il faut de sanglots pour un air de guitare

Il n'y a pas d'amour heureux

Il n'y a pas d'amour qui ne soit a douleur
Il n'y a pas d'amour dont on ne soit meurtri
Il n'y a pas d'amour dont on ne soit fletri
Et pas plus que de toi l'amour de la patrie
Il n'y a pas d'amour qui ne vive de pleurs

Il n'y a pas d'amour heureux
Mais c'est notre amour a tous deux

訳詩とルネ・ファレ氏の解説はジョルジュ・ブラッサンス全集より
http://www7a.biglobe.ne.jp/~k_ogawa/

(本稿は、地元のSNS、イマソウにアップしていた記事の転載)

|

« 通行人 | トップページ | 公衆ベンチの恋人たち »

シャンソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Il n 'y a pas d 'amour heureux:

« 通行人 | トップページ | 公衆ベンチの恋人たち »