« 公衆ベンチの恋人たち | トップページ | トルクメン・バフシー »

2007年10月 5日 (金)

悪い噂

ブラッサンス特集、ひとまず今日までにします。
7曲目は、デビュー当時の代表曲「悪い噂」を2ヴァージョン。これは絶対忘れてはいけない曲。

La mauvaise reputation - Georges Brassens (Live)

La mauvaise reputation - Georges Brassens

画一的でない、自由な生き方を愛するブラッサンスの所信表明のような曲で、最初のアルバムの表題にもなっています。20年ほど前にLPを手に入れて一番最初に聞いたのがこの曲でしたが、それ以来忘れられないシャンソンです。
「ローマへは通じない道を歩いているだけなのに~」の高い音に上がる辺り素晴らしいです。

 悪い噂          La mauvaise reputation   1952

゙  村じゃ どうういう訳か
  俺は評判良くない
  何かにつけて
  えたいの知れない男で通ってるらしい            
  俺は誰も欺かずに
  平凡な善人で生きてるつもりだが
  律義な連中は
  そこが変わり者だとご機嫌ななめだ
  みんな俺を悪し様に言う
  無論 口のきけない人は別だが

  七月十四日の祭りの日                   
  パレードの楽隊なんて
  関係ないと
  ベッドにふかふか寝そべって
  俺は誰も欺かずに
  けたたましいラッパにウンザリしてるだけなのに
  律義な連中は
  そこが変わり者だとご機嫌ななめだ
  みんな俺に後ろ指をさす
  無論 手のない人は別だが

  百姓に追っかけられている
  ヘマな泥棒に出くわして
  正直なとこ足で一寸かばったら
  追手が地面にひっくりかえった
  俺はだれも欺かずに
  リンゴ泥棒を逃がしてやっただけなのに
  律義な連中は
  そこが変わり者だとご機嫌ななめだ
  みんな俺におどりかかる
  無論 歩けない人は別だが

  ジェレミじゃなくったって
  自分の行く末は解る
  手ごろな縄が見付ったら
  奴等は俺の首に掛けるだろう
  俺は誰も欺かずに
  ローマへは通じない道を歩いているだけなのに
  律義な連中は
  そこが変わり者だとご機嫌ななめだ
  みんな俺が吊るされるのを見に来る
  無論 目のみえない人は別だが

 1952年から53年にかけて、パタシュの店にブラッサンスなる男登場。そして初めての客演がトロワ・ボーデ。歌い出した、いやむしろブチかましたのが 『悪い噂』だった。舞台へ出る態度が独特。この男、内心とはうらはらに傲慢無礼で、「気にいらなきゃドアは開いてるよ。閉めたきゃ勝手にどうぞ。プログラ ム?そんなものはないよ」といった具合。<俺は誰も欺かずに リンゴ泥棒を逃がしてやっただけなのに>
 <七月十四日の祭りの日 ベッドにふかふか寝そべって>まさにむくつけき仏頂面。<村じゃどういう訳か俺は評判良くない> これがトロワ・ボーデの小さなホールで妙に受けた。帰ったお客がまたやって来る。そして無論『悪い噂』をご所望と来た。 解説:ルネ・ファレ

(注)
・「パタシュの店」 モンマルトルのテルトル広場の近くにある、小さなレストラン
・キャバレー。菓子屋のおかみだったパタシュが余技の唄で始めた店。歌わないお客のネクタイをチョン切って、世界中の著名人のネクタイのコレクションで有名。パタシュは下町風の伝法な歌手で、ブラッサンスの発見者の一人。
・「トロワ・ボーデ」 三匹の驢馬の意。モンマルトルにあったシャンソンの小屋。経営者のジャック・カネッティがパタシュの店で歌うブラッサンスを見出して出演させた。
・「ジェレミ」 イスラエルの四大預言者の一人、エレミア。

"Au village, sans pretention,
J'ai mauvaise reputation.
Qu'je m'demene ou qu'je reste coi
Je pass' pour un je-ne-sais-quoi!
Je ne fait pourtant de tort a personne
En suivant mon chemin de petit bonhomme.
Mais les brav's gens n'aiment pas que
L'on suive une autre route qu'eux,
Non les brav's gens n'aiment pas que
L'on suive une autre route qu'eux,
Tout le monde medit de moi,
Sauf les muets, ca va de soi.

Le jour du Quatorze Juillet
Je reste dans mon lit douillet.
La musique qui marche au pas,
Cela ne me regarde pas.
Je ne fais pourtant de tort a personne,
En n'ecoutant pas le clairon qui sonne.
Mais les brav's gens n'aiment pas que
L'on suive une autre route qu'eux,
Non les brav's gens n'aiment pas que
L'on suive une autre route qu'eux,
Tout le monde me montre du doigt
Sauf les manchots, ca va de soi.

Quand j'croise un voleur malchanceux,
Poursuivi par un cul-terreux;
J'lance la patte et pourquoi le taire,
Le cul-terreux s'retrouv' par terre
Je ne fait pourtant de tort a personne,
En laissant courir les voleurs de pommes.
Mais les brav's gens n'aiment pas que
L'on suive une autre route qu'eux,
Non les brav's gens n'aiment pas que
L'on suive une autre route qu'eux,
Tout le monde se rue sur moi,
Sauf les culs-de-jatte, ca va de soi.

Pas besoin d'etre Jeremie,
Pour d'viner l'sort qui m'est promis,
S'ils trouv'nt une corde a leur gout,
Ils me la passeront au cou,
Je ne fait pourtant de tort a personne,
En suivant les ch'mins qui n'menent pas a Rome,
Mais les brav's gens n'aiment pas que
L'on suive une autre route qu'eux,
Non les brav's gens n'aiment pas que
L'on suive une autre route qu'eux,
Tout l'mond' viendra me voir pendu,
Sauf les aveugles, bien entendu."

訳詩とルネ・ファレ氏の解説はジョルジュ・ブラッサンス全集より
原題の横の数字は、発表年
http://www7a.biglobe.ne.jp/~k_ogawa/

(本稿は、地元のSNS、イマソウにアップしていた記事の転載)

|

« 公衆ベンチの恋人たち | トップページ | トルクメン・バフシー »

シャンソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪い噂:

« 公衆ベンチの恋人たち | トップページ | トルクメン・バフシー »