« ロシアのチュルク系2~チュヴァシ | トップページ | 倍音唱法~チベットとアルタイ系 »

2007年11月 8日 (木)

ロシアのチュルク系3~バシキール

ロシアのチュルク系、3日目はバシキール(国名はバシュコルトスタン)の音楽。タタールスタンの東に位置し、ウラル山脈の中部にあります。タタールよりも言葉、音楽ともモンゴルの影響が色濃いようです。youtubeには馬とカラオケが何故か多く(やはり元騎馬民族のチュルク系ゆえ?)、伝統音楽はほとんどありません。今ではバシキール人は住民の中で少数派になっているようです。

バシキールといえば、倍音唱法のウズリャウ(Uzlyau)が何といっても有名。モンゴルのホーミーやトゥヴァのホーメイとも少し味わいの異なる歌唱です。オランダのPanからCDも2枚出ていました。以下のビデオ、一本目は笛を吹きながらのUzlyauか。笛と声の一人2重唱?には倍音が豊かに感じられます。倍音唱法がある所は大体口琴も盛んなようです。(逆は違うように思いますが) 2本目はバシキールだけではありませんが、ロシア連邦中心に世界中の口琴の映像が出てきます。

Marsel Gutiyev Performansı

Varganautica #1. About Vargan (Jew's Harp). Weird facts

|

« ロシアのチュルク系2~チュヴァシ | トップページ | 倍音唱法~チベットとアルタイ系 »

ウラル・アルタイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロシアのチュルク系3~バシキール:

« ロシアのチュルク系2~チュヴァシ | トップページ | 倍音唱法~チベットとアルタイ系 »