« 北コーカサス6 チェチェン | トップページ | 今日もチェチェン »

2007年11月27日 (火)

チェチェン・クズ

昨日に続いてチェチェン関係です。タイトルはオスマン・トルコ末期の偉大な音楽家、タンブーリ・ジェミル・ベイの書いた曲「チェチェン・クズ」。正確にはチェチェン・キュズュになると思いますが。意味は「チェチェンの娘」。可憐な小品ですが、ヴァイタリティ溢れるコーカサスの人々を連想させます。小耳に挟んだ話で真偽の程は?ですが、オスマン朝のハーレムにはコーカサス出身の女性が多かったとか。確かに容姿端麗なとびきりの美人が多いように思います。
チェチェン・クズのモデルは、もっと若い少女だろうと思いますが、タンブーリ・ジェミルはどんなイメージでこの曲を書いたのでしょうか。オスマン・トルコの古典楽曲の中では、とても親しみやすい曲で、日本のウード奏者の常味さんもよく演奏されていて、生で聞いたことがあります。

DÜNYA RENKLERİ KOROSU&MUSİC FOR THE PEOPLE Sentez Müzik

ヴァイオリン、チェロ、カーヌーン、ダラブッカ、キーボードによるチェチェン・クズ。どれもトルコでも使いますが、西洋音楽との折衷的なスタイルの演奏。

Murat Salim Tokaç

弦楽器サズを中心にしたチェチェン・クズ。ネイ、カーヌーンのようなオスマン古典楽器に混じって、トルコの民謡や吟遊詩人の弦楽器サズが参加しているのがユニーク。

çeçen kızın feryadı

チェチェンの少女の叫び。孤児になってしまったのでしょうか。これは哀れで見てられません。何とかならないものでしょうか。

|

« 北コーカサス6 チェチェン | トップページ | 今日もチェチェン »

北コーカサス(カフカス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447810/9139667

この記事へのトラックバック一覧です: チェチェン・クズ:

« 北コーカサス6 チェチェン | トップページ | 今日もチェチェン »