« 無伴奏チェロ組曲5番 Prelude | トップページ | 無伴奏チェロ組曲5番 Courante »

2007年12月15日 (土)

無伴奏チェロ組曲5番 Allemande

今日は5番のアルマンドです。
アルマンドと言えば本来は泥臭いドイツの農民の踊りですが、5番らしい深遠な音楽に昇華されています。骨太で重量級のアルマンド、チェロらしい響きの曲です。後半の展開は特に素晴らしいです。
マイスキーの弓使いの巧みさには目を見張ります。先弓でもどうしてあんなに良い音が出るのか? スラーのかけかた(音符のつなげ方)、重音の鳴らし方など、独自の工夫を色々やってますね。さすが名手の妙技という感じです。

Bach - Cello Suite No.5 ii-Allemande

Bach - Allemande

こちらは同じくバッハの無伴奏フルート・ソナタ、冒頭のアルマンド。オーレル・ニコレのビデオとかあれば良かったのですが、こちらもなかなか良い演奏。同じ短調の曲なので、ご参考までに。

|

« 無伴奏チェロ組曲5番 Prelude | トップページ | 無伴奏チェロ組曲5番 Courante »

J.S.バッハ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無伴奏チェロ組曲5番 Allemande:

« 無伴奏チェロ組曲5番 Prelude | トップページ | 無伴奏チェロ組曲5番 Courante »