« ウクライナの犬 (アニメ) | トップページ | ウクライナ絶唱 »

2008年2月 9日 (土)

バンドゥーラの妙技

ウクライナの弦楽器バンドゥーラは、これまでにも何回かアップしましたが、今日のVictor Mishalowという人は、見た中では一番の名手です。器楽的に可能性を探求しているように見えますので、民族色は希薄かも知れませんが。彼はオーストラリア生まれで現在はカナダ在住のようです。結構ウクライナ人も外に出ているんですね。(バイオグラフィーは名前のリンクをご参照下さい)
何本か最近の収録と思われる独奏をアップしておきます。この楽器、どういうチューニングになっているのでしょうか。多分クロマティック(半音)になっているのでしょうが、謎は低音の部分で、フレットレスの棹は押さえることもあるのでしょうか。下のふちにアジャスター(というかペグ自体か?)が並んでいるように見えます。

Victor Mishalow: The Captives' Market

演奏は真ん中辺りから。エリック・サティのグノシェンヌ風のエキゾチックな音階。あの曲はルーマニア音楽にヒントを得て書かれていますが、西ウクライナにはルーマニア風の音楽がありますから、このモードが出てきて不思議ではないように思います。

Victor Mishalow: Turkish Dance

こちらはトルコ風の演奏。確かにカーヌーン的にも聞こえます。

Victor Mishalow: Snow Dance

こちらは一番スラヴ的な曲調。バンドゥーラのイメージに一番ぴったりに聞こえます。

|

« ウクライナの犬 (アニメ) | トップページ | ウクライナ絶唱 »

東欧」カテゴリの記事

コメント

このバンドゥーラの音ですが、たしか「オノ セイゲン」と言うひとのCDで似た音の楽器を使っていたような・・・

聞いてみよっと(^^)

投稿: ひち | 2008年2月 9日 (土) 22時45分

>ひちさん
オノセイゲンは、コムデ・ギャルソンですか?
あのアルバムは店にいた頃、よく売れていましたが、手元にはありません。確認取れたら教えて下さい。

投稿: Homayun | 2008年2月10日 (日) 20時21分

オノセイゲンのCDは手元に二つ有ります。
三枚組みの「la movida]

二枚組みの「コムでギャルソン」
(黒のジャケット)

よろしかったら・・・。

投稿: ひち | 2008年2月10日 (日) 21時07分

はじめまして、バンドゥーラ愛好家の佐久間と申します。

このバンドゥーラは、現在見かける楽器の中では少数派のポルタバ・バンドゥーラというものです(他の言い方もあります)。彼が使っている楽器は新しく、カナダで作っているものです。

いわゆるコザックが弾いていたバンドゥーラというのがこれの原型に当たります。
バンドゥーラは地方により弾き方などが代わってきます。一般に見かけるバンドゥーラはチェルニヒヴと言うところで作られていたキエフ・モデル(スタイル)と言います。それは体に対して垂直に構えますが、この楽器は体に対して平行に押し付けるように構えます。通常、肩掛けのストラップもが付いています。

この楽器は駒の部分に半音上げるレバーが付いていて、それにより調子を決めますので、通常ダイアトニックになります。特徴としては弦毎にレバーで音程を決めるため、オクターブ上がった音階は違う調子にする、と言う事も出来ますし、そうすべき曲がウクライナかバンドゥーラにあるといいます。

棹の弦は押さえる事はせず、指で開放弦を弾きます。押さえる楽器もありますが、それはコブザと言って別の種類の楽器です。お役に立てれば幸いです。

投稿: sakuma | 2008年4月14日 (月) 07時42分

>佐久間様
初めまして。詳細な情報有難うございます。
コブザというのはルーマニアのコブサに似ていますが、別な楽器なのでしょうね。コブサはウードやリュートの系統の弦楽器でした。ウクライナ音楽の情報は本当に貴重なので、今回のコメント、大変有り難く拝読しました。

投稿: Homayun | 2008年4月14日 (月) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447810/10368867

この記事へのトラックバック一覧です: バンドゥーラの妙技:

« ウクライナの犬 (アニメ) | トップページ | ウクライナ絶唱 »