« 聖書とディアスポラ | トップページ | チェチェンの女性歌手 »

2008年2月16日 (土)

チェチェンと北コーカサスの音源登場

今日もまず昨日の訂正から。
ユダヤ音楽の記事ですが、95年にMacで書いていた文章をペーストしたため、よく似た漢字に変換されている箇所が沢山見つかりました。よーく目を凝らさないと分からないものがほとんどで、後でびっくりしました。マックからウィンドウズに移すとよく起こるんですね。礼拝が札拝とか、ちょっと洒落にならないような誤変換もありました。お詫びして訂正いたします。昨夜遅くに訂正を入れてあります。(もうないとは思いますが・・)

さて、HPと重複しますが、今日はこのCDにスポットを当てます。

チェチェンと北コーカサス諸国の音楽
Defiancechechnya SONGS OF DEFIANCE: Music of Chechnya and the North Caucasus
Recordings and compilation by Michael Church

政情不安定なため、神秘のヴェールに包まれたかのような北コーカサス。ロシア連邦の最南部に位置し、黒海とカスピ海の間の険しいコーカサス山脈北麓に住むコーカサス民族の地は、やはり容易に辿り着けない土地なのでしょうか。この録音もかなり困難な状況の内になされたようです。去年の11月に、当ブログでyoutubeを入れながら北コーカサス特集をやりましたが、願いが通じたかのようにTopic Recordsからこの音源が登場しました。20世紀初頭のグラモフォン録音に続き、2枚目の快挙です。まだ未入荷ですが、非常に楽しみなCDです。
チェチェンはロシア語ではチェチニャ、チェチェン語ではノフチーと言います。曲名に出てくるNokhchoやNokhchiychyoは、ノフチーの変化形だと思います。タイトルは日本語に訳すと「挑戦の歌」か「反抗の歌」ということになりますが、確かにレズギンカ型(多くは8分の6拍子)の強靭なリズムには、ロシアなど外部の圧力に屈しない誇り高きコーカサス山岳民族の心意気が表れているようにも思います。北コーカサス最西部のアディゲなどでは、見る要素の強い芸能がほとんどですので、映像も見たくなりますが。雅びな伝統舞踊曲のKafaやCircassian Danceも、アディゲやその東のチェルケス辺りの舞踊曲。アディゲ、チェルケス、カバルディンのコーカサス系3民族をまとめてCircassian(サーカシアン)とも言います。チェチェンとイングーシは、北オセチアを挟んで東隣になります。
収録曲の多いアズナシ・アンサンブルは、仏Arionから単独盤が出ていた女性のみのチェチェン伝統音楽グループ。戦火の絶えない祖国を離れ、グルジアで活動しているようです。1曲目と20曲目は仏Arion盤にも入っていた曲。gimnは、Hymn(聖歌)のチェチェン語では。
カラチャイやバルカル、それからダゲスタンのノガイとクムィクなど、チュルク系民族の音源は今回ほとんど入っていません。(14曲目だけバルカルの曲かも)もしかしたらこれから別に出るのでしょうか。イラン系の北オセチアではそれ程でもありませんが、チュルク系とコーカサス系では、音楽も結構違ってきます。

イギリスのレーベルらしく、作曲家のギャヴィン・プライヤーズとマイケル・ナイマンが評を寄せています。

"Just when you think you have a grasp on indigenous European music, along comes something that blows away all your preconceptions. This music seems to come from some mysterious other place, with its rough-hewn energy and its passionate social engagement. Much of the material ? text as well as music ? is profoundly moving and very beautiful. Michael Church does us a great service by bringing it to our attention" Gavin Bryars

"Sounds that will enlighten even the most jaded ear" Michael Nyman

曲目
1.Aznach Ensemble / Nokhtchiin gimn
2.Cherim Nakhushev(Vo,Accordion) / Khatkhe Mahomet Guaz
3.Sahab Mezhidov(Vo,Balalaika) / Daimohk
4.Sahab Mezhidov / Ya yish ekush dagna yaznarg
5.Aznach Ensemble / As Khastambo
6.Timur Losanov(Accordion) / Adighian Dance
7.Zhoukhar Ensemble / Laalur,Laalur
8.Cherim Nakhushev / Kafa    
9.Batu Dzugaev People`s Choir / Gezdenti Efsimerte Zareg
10.Batu Dzugaev People`s Choir / Tsitsidon
11.Valid Dagaev(Vo,Balalaika) / Nokhcho vu so
12.Tamara Dadasheva(Vo) / Ma hiezha kant
13.Tamara Dadasheva(Vo) / Nokhchiychyo, so khan yoh yu
14.Shirvani Chalaev(Vo) / Barkhaldal Doldiban
15.Illi Male-Voice Ensemble / San Nana, san Nana
16.Lydia Bachaeva(Vo) / Djuldouz
17.Zuber Ivazov(Violin) / Kabardian Dance Tune
18.Adigh Ensemble / Kiaperish
19.Khazret Ramazanovich Chich(Violin) / Circassian Dance
20.Aznach Ensemble / Vai deli Allah vu
21.Aznach Ensemble / Biezamuo
22.Aznach Ensemble / Stiglara
23.Aznach Ensemble / Daimohk
24.Aminat Akhmadova(Vo) / Daimohkan Biezam

※ダイモク(Daimohk)は、前に何度か書きましたが「祖国」の意味

Uork Kafa - Уэркъ Къафэ (Орк Къашъо)

アディゲ・スタイルのカファのお薦めビデオ。11月に続いて再登場です。

Lezginka a la adyge-2 - Лезгинка по-адыгски-2

アディゲ・スタイルのレズギンカを、アディゲ舞踊団の団員が踊っています。私服なのでステップがよく分かります。

Noxchi Kino "Даймохк" (part 1)

チェチェン映画「ダイモク(祖国)」。伝統音楽がバックに流れる渋いけど素晴らしい映画です。全編見たいものです。ソ連時代の映画でしょうか。ナレーションはロシア語です。続きが再生後のリンクから見られますので、ご興味のある方はどうぞ。

|

« 聖書とディアスポラ | トップページ | チェチェンの女性歌手 »

北コーカサス(カフカス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447810/10543939

この記事へのトラックバック一覧です: チェチェンと北コーカサスの音源登場:

« 聖書とディアスポラ | トップページ | チェチェンの女性歌手 »