« バンドゥーラの妙技 | トップページ | こんな合唱 »

2008年2月10日 (日)

ウクライナ絶唱

昨日から食あたり?でダウンしていましたが、昨日の記事は何とかアップ。今日は少しよくなりました。で、更にウクライナでこれはというのを何本か見つけました。バンドゥーラ関係もまだまだありますが、きりがないので。
前にちょっと予告した「ドニエプルの荒波」(邦訳はないので我流ですが)を見つけました。ここではReve Ta Stogneになっていますが、間違いなく同じ曲です。仏PLAYA SOUNDから93年に出ていたウクライナの民謡合唱盤(Ukrainian Voices おそらく廃盤)では、英訳が「The Dnepr roars and moans」になっていました。直訳だと「ドニエプルは轟々とうなり呻く」でしょうか。どことなくイスラエル国歌のハティクヴァを思い出させる悲愴美があります。PLAYA SOUND盤を聞いて最初に強く印象に残った曲で、特に女声の切々と迫ってくる表現には鳥肌が立ちました。赤軍合唱団もレパートリーに入れていた曲ですが、地元ウクライナの合唱は一枚上でした。
このビデオでも、普段はロック系の音楽を演奏しているグループのようですが、楽器を置いてアカペラのコーラスでポリフォニックに粛然と歌われています。どういう民族的な思いがこめられた歌か分からないのが残念ですが、ウクライナ絶唱と言っていいように思います。Kobzaと言えば、ルーマニアのウード系弦楽器の名前ですが、それで目に留まった次第(笑

Kobza - Reve Ta Stogne

Кобза - "Реве Та Стогне" (НПК "Україна" 8 Березеня 2006) vocal instrumental ensemble from Ukraine

|

« バンドゥーラの妙技 | トップページ | こんな合唱 »

東欧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447810/10404102

この記事へのトラックバック一覧です: ウクライナ絶唱:

« バンドゥーラの妙技 | トップページ | こんな合唱 »