« ベラルーシ関係4本 | トップページ | チェチェンからグルジアへ »

2008年2月21日 (木)

スラヴ教会の音楽とハザールの話

ベラルーシの3日目は、宗教音楽の方を見てみましょう。youtubeのメンテナンスがあるようなので、慌ててアップしています^^;  一定時間見られないかも知れませんが、どうぞご了承下さい。また前にアップした中に、著作権問題に引っかかったのか、その後見られなくなっているクリップ(ナツメロ関係)もあります。youtubeは、いつも、またいつまでも見られるとは限りませんので、そこの所はどうぞご了解下さい。

さて今日のファイルについて。ロシア、ウクライナでは教会音楽は見なかったのですが、ベラルーシではファイル数が少ないこともあって、すぐにこちら方面が出てきました。スラヴの正教会と、カトリックではないかと思われるものも混じっています。正教会が80%、カトリック、プロテスタントなどが20%くらいのようです。
いきなりルーツの話になりますが、東スラヴの世界がギリシア正教を受け入れたのは、ハザール(中世にユダヤ教を国教に定めたチュルク系民族の帝国)攻略のため、キエフ・ルーシ(ロシアの前身)の支配層だったヴァイキングがビザンツ帝国と連合したためと見られています。この連合のため政略結婚がなされ、キエフ・ルーシはギリシア正教を採用し、後のロシア世界に正教が広まりました。ロシア系文字がギリシア文字から来ているのもそのためのようです。ハザールと言うと、東欧ユダヤ人(アシュケナジーム)のルーツ説にばかりスポットが当たっているように見受けられますが、スラヴ世界との間でも結果的に大きな役割を果たした民族だったのですね。

ハザールがユダヤ教を国教に採用したのは、イスラム教のサラセン帝国とキリスト教のビザンツ帝国の間にあって、どちらとも上手く亘り合うため(両国から敵視されない宗教を選んだ)と言われています。一方、黒海~カスピ海の間にハザール帝国がなかったら、ヨーロッパへの東からのイスラーム流入に歯止めがきかなかったとも言われます。
1月の初めに取り上げたチュルク系少数民族のカライムは、まず間違いなくハザールの末裔ではないかと思われます。だとすれば、ドイツ系の混成言語であるイディッシュ語を話していた何百万というアシュケナジームのルーツが丸々ハザールと考えるのは、かなり無理があるように思います。カライムはトルコ語に似た言葉を今も喋っている訳ですから、東欧系ユダヤ人もトルコ語を話してないと辻褄が合わないように思います。 

Aliluja

ベラルーシのアレルヤ(ハレルヤ)唱。解説にはPublic prayer for Belarusan youth at St. Cyril's of Turau Cathedral とあります。

Aliluja, glas 5

会衆によるアレルヤ。ここにはByzantin chantとありますので、確かに正教の方ですが、ただ国名が出てないので、ベラルーシかどうか不明。コメントの一つには「Serbian choirでは?」ともあります。ベラルーシ、セルビアのいずれにしてもスラヴの正教会ではあります。ドローン(持続音)とその上で動く旋律が綾なす響きは、とても美しいものです。

Church music in Minsk, Belarus

これはカトリック教会でしょうか。日曜の礼拝のビデオのようですが、流れてくる聖歌は正教的に聞こえない気がします。隣のポーランドはカトリックですから、混ざっているのかも知れません。

|

« ベラルーシ関係4本 | トップページ | チェチェンからグルジアへ »

東欧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447810/10664952

この記事へのトラックバック一覧です: スラヴ教会の音楽とハザールの話:

« ベラルーシ関係4本 | トップページ | チェチェンからグルジアへ »