« グルジア舞踊団 Sukhishvili | トップページ | ドゥドゥキと民謡 »

2008年2月24日 (日)

歌ものもシヴィリ

グルジアの歌ものが見つかりましたので、今日はそれを行きます。今日も~シヴィリの人です。とにかくグルジアには~シヴィリが多いです。往年の名歌手、ハムレット・ゴナシヴィリですが、どうやらあの有名なRustavi合唱団の一員だったようです。最初往年のエジプトの名優オマー・シャリフかと思いました。そっくりですw  彼はワールドミュージック・ブームが本格化する直前の1985年に亡くなっているので、多分余り録音もないのでは、と思われます。ビデオは間違いなく大変貴重なものでしょう。
「春の祭典」などで有名なロシアの大作曲家ストラヴィンスキーは、グルジアの男声合唱を「人類の作った最高の音楽」と絶賛したそうです。彼はクリマンチュリという高音部で動き回る声部の入った曲、ハッサンベグラ(グルジア南西部辺りの多声合唱曲)とかを指していたようですが、カフカスの山々に響き渡るようなゴナシヴィリの静謐で瞑想的な歌唱も、幽玄美の極みだと思います。もうちょっと良い音で聞けると良いのですが^^

Hamlet Gonashvili_Cincyaro

chona hamlet gonashvili ilia zakaidze

|

« グルジア舞踊団 Sukhishvili | トップページ | ドゥドゥキと民謡 »

コーカサス (カフカス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌ものもシヴィリ:

« グルジア舞踊団 Sukhishvili | トップページ | ドゥドゥキと民謡 »