« こんな合唱 | トップページ | オデッサのクレズマー »

2008年2月12日 (火)

ルテニア~カルパチアのジプシー・バンド

ウクライナ西部のカルパチア山脈の辺りは、ルーマニアのトランシルヴァニアやマラムレシュ、ハンガリー、スロヴァキア、ポーランドと接している地方で、この辺りは昔からルテニアと呼ばれていました。ルテニアのジプシー・バンドの珍しい映像が見つかりましたので、今日はそれをアップしてみました。
当地のTecso Bandが、ブダペストで演奏した時の映像のようです。音楽的にはハンガリーの農村ジプシー音楽系ですが、ウクライナ側に出ているので、少し音楽の雰囲気が違うように思います。ハンガリーでは、バスドラのような太鼓は東部以外ではあまり使わないと思いますし。その東部(というか東北部)はサトゥマール地方という所で、この辺りの音楽にはやはりそっくりだと思います。国境を挟んだ両地方に共通するのは、古いユダヤ系のレパートリーを持っていることで、ハンガリーのクレズマー(ユダヤの楽士)達が昔演奏していたユダヤ・メロディを、ジプシーの楽士たちが今でも忘れずに記憶しています。今日の3つ目のビデオはその演奏。往年のクレズマーたちの多くは、悲しいことにホロコーストで亡くなってしまいました。

Hutsul Tecso Band at Fono pt.1

Tecso Band: Hutsul Tsymbaly (cimbalom) solo

テチョェー・バンド(無理やりカタカナにするとこんな感じでしょうかw)のツィンバリ奏者のソロ。ルテニアのTsymbalyは、勿論ツィンバロムの兄弟楽器です。

Hutsul band From Tecso plays old Jewish Melody "7:40"

この分かりやすい歌謡性を帯びた哀愁味あるメロディは、典型的東欧ユダヤの旋律。90年代前半にHarmonia Mundi系のQuintana(その後消滅したレーベル)から出ていたカルパチア音楽のCDにもこの曲が収録されていました。

以下一本目のビデオの解説文の転載
The village band from Tjaciv, Karpatho-Ukraine (called Técső in Hungarian, Tetch in Yiddish) play at the Fono Music House in Budapest. The musicians are Gypsies, Josika (bayan button accordion) and Yura (drum and plonka) Csernovics with Ivan Popovic, the fiddler. Missing here is the tsymbaly/cimbalom player,Misha, who was ill when this was recorded, and sadly, has since passed away. Yura plays plonka while drummig - it is a piece of negative film (originally birch bark) held between the gums and lips in the mouth, and blown as a reed. Técső is a majority Hutsul/Ruthenian village located just across the Tisza river from Romania, near the Hungarian border, and thus preserves a unique repetoire of all nationality's dance musics, including old Carpthian Jewish music.

|

« こんな合唱 | トップページ | オデッサのクレズマー »

東欧」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
東欧の音楽を検索していて、
こちらのブログにたどり着きました。
リンクしていただいたビデオは
わたしのパートナーの撮影したビデオです。
Técső村のこのバンドは年に何回か
ブダペストに来て演奏しています。
わたしの大好きなバンドのひとつなので、
こうしてご紹介いただけるととても嬉しいです。
わたしのブログからトラックバックも
お送りさせていただきますね。

投稿: sun | 2008年2月16日 (土) 05時39分

>sun様
初めまして。ハンガリーからのコメント有難うございます。ビデオ、そうだったのですか。驚きました!
私はハンガリー盤で聞いたことのあるグループでした。ベラルーシ、カフカスと巡ったら、東欧の方にも力を入れる予定です。
トラックバックも有難うございました。

投稿: Homayun | 2008年2月16日 (土) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447810/10461681

この記事へのトラックバック一覧です: ルテニア~カルパチアのジプシー・バンド:

» ウクライナからの知らせ [AZ A BAJ・・]
ちょっと前に悲しいニュースが届いた。 ハンガリーとルーマニアの国境に近い ウクライナの小さな町 Tjaciv (ハンガリー語ではTeacute;cs#337;)に住む ツィンバロム奏者、ミシャが亡くなったのだ。 彼らの住むティサ川沿いの町に、 わたしは残念ながらまだ足を運んでいない。 ルシン、フツルと呼ばれる山岳民族の住むザカルパッチャ地方、 その町で、代々引き継がれてきた音を演奏する ジプシー・ミュージシャン一家に生まれたミシャと アコーディオ... [続きを読む]

受信: 2008年2月16日 (土) 05時42分

« こんな合唱 | トップページ | オデッサのクレズマー »