« クレタのリラ | トップページ | アルメニア Shoghaken Ensemble »

2008年3月16日 (日)

アラビアのラバーバ

今日は所用でアップが遅くなりました。今晩の擦弦楽器はアラブのラバーバ。ベドウィン(アラブの遊牧民)などが好んで弾く楽器です。あたかも砂漠の風紋を思わせるような、狭い音域で淡々と語られる詩の吟唱。これは紛れもない砂漠の音楽です。渋くてつかみ所がない感じで、私は結構好きな音楽ですが、いかがでしょうか。古いアラビア語で語られていることも多いようですし(アルジェリアの場合はそうらしいです)、アラブ文化のルーツの一つがこの中にあるのかも知れません。
擦弦シリーズは一応今日までにして、明日からアルメニアに戻ります^^

RABABA

これはサウディ・アラビアの映像のようです。

فـن الرباب

rachid mussa rababa rashid homs sahleh rammadan syria

シリアのラバーバと歌。エコーの使い方が不思議。

|

« クレタのリラ | トップページ | アルメニア Shoghaken Ensemble »

アラブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アラビアのラバーバ:

« クレタのリラ | トップページ | アルメニア Shoghaken Ensemble »