« カフカス・シリーズの締め | トップページ | デイラーマンの歌 »

2008年4月15日 (火)

ズルヤ

イランに入る前に、アップ漏れしていたユニークな歌手Zulyaのクリップを上げておきます。11月3日にヴォルガ中流域のウラル系の共和国、ウドムルト(旧称ヴォチャーク)の音楽を見ましたが、この国に少数民族としてタタール人もいると書きました。今日のズルヤは、そのウドムルト出身のタタール人女性歌手で、現在はオーストラリアで活動している人。youtubeを探したら何本か見つかりました。アルバムの静止画像ビデオの他に、ライヴもありました。CD情報はこちらで。ロシアの歌や洋楽、ワールドミュージックの様々な要素が感じられますが、その中にタタールらしい5音音階(の長音階)が時折出てきます(今日の3本にはありませんが)。それはモンゴルや中国、更には日本の民謡にも近い印象の旋律です。

Tatar Song Zulya Ay bılbılım! Nightingale

ルーマニア東部ドブロジャ地方のタタールの歌だそうです。どこか日本の「四季の歌」に似て聞こえます。

zulya - insomnia

Zulya and The Children of the Underground

|

« カフカス・シリーズの締め | トップページ | デイラーマンの歌 »

ウラル・アルタイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ズルヤ:

« カフカス・シリーズの締め | トップページ | デイラーマンの歌 »