« オマル・ハイヤーム関連 | トップページ | ロレスターンの音楽 »

2008年5月25日 (日)

シャジャリアン&タトルセスとハイヤーム

昨日ちょっと触れましたシャジャリアンのルバイヤートらしきクリップが見つかりましたので、上げておきました。朗読はペルシア詩朗読界の大御所Ahmad Shamloo

2,3本目はやはりオマル・ハイヤームのルバイヤートに関したビデオのようですが、曲がイブラヒム・タトルセス、詩の訳文はルーマニア語。トルコの「アラベスク(演歌のような歌謡ジャンル)の帝王」と言われるタトルセスがハイヤーム!?とびっくりしましたが、ルーマニアのyoutubeユーザーが作成したビデオのようです。歌は出てこず、イントロ部分?で終わります。ハイヤームの雰囲気が出ているのかどうか不明ですが。(出ているような気もします^^)

こんな一篇が似合うでしょうか。(太宰治「人間失格」のルバイヤットの引用箇所より)

 到る処に 至高の力を感じ
 あらゆる国にあらゆる民族に
 同一の人間性を発見する
 我は異端者なりとかや

Khayyam Poetry

Khayyam 3

khayyam 4

|

« オマル・ハイヤーム関連 | トップページ | ロレスターンの音楽 »

ペルシア音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャジャリアン&タトルセスとハイヤーム:

« オマル・ハイヤーム関連 | トップページ | ロレスターンの音楽 »