« ブーシェフルのグループsingsオマル・ハイヤーム | トップページ | バンダルアッバースの黒人系音楽 »

2008年5月19日 (月)

アバダンのバグパイプと太鼓

今日のビデオもブーシェフルで検索して引っかかったものですが、隣のKhuzestan州(イラクとブーシェフル州の間)の町、大精油所で有名なアバダンの音楽ではないかと思われます。バグパイプ奏者は見るからに黒人系ですね。アラブのマットブッチとかの吹奏に似ているように思います。ダラブッカの二連叩きもとてもインパクトがあります。これが本当にイラン?と思ってしまう驚きの演奏。3本目はチグリス・ユーフラテス川の河口を挿んでアバダンと対岸の国、クウェートのAbadan Banderiのようです。しかし、ペルシア湾岸は驚きの音楽が一杯です^^

Abadan Banderi

Abadan Banderi B

Abadan Banderi kuwaiti

|

« ブーシェフルのグループsingsオマル・ハイヤーム | トップページ | バンダルアッバースの黒人系音楽 »

イラン地方音楽」カテゴリの記事

コメント

バグパイプって、袋の先に笛がついてる感じなのぉ

投稿: ナムナム | 2008年5月20日 (火) 16時14分

>ナムナムさん
そうですよ。袋に息を吹き込んでおいて、脇で押して片方の笛から音を出すというのは、全世界のバグパイプ共通です。

投稿: Homayun | 2008年5月20日 (火) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アバダンのバグパイプと太鼓:

« ブーシェフルのグループsingsオマル・ハイヤーム | トップページ | バンダルアッバースの黒人系音楽 »