« ブーシェフルの音楽 | トップページ | アバダンのバグパイプと太鼓 »

2008年5月18日 (日)

ブーシェフルのグループsingsオマル・ハイヤーム

今日もイラン南部のブーシェフルのグループをアップしておきます。ビデオの解説にAn Iranian traditional song, originally from southern Iran, mainly Bushehr( Bandar). the lyric is from Khayam, who is a great Iranian poet living around 1000 years ago. とありますので、ルバイヤート(四行詩)で有名なオマル・ハイヤームの詩を歌っているようですが、このハッピーな曲調だと、あの刹那的、厭世的なニュアンスはほとんど感じられませんね^^  
メンバーを見ると、やはり黒人の血が入っているのかなという人がいます。ハチロク・リズムの歌はペルシア的ですが、両面太鼓ダムマームは南イランだなぁと思わせる音。一方オマル・ハイヤームはホラサーン出身の詩人。南イランとは大分風土が違うはずです。この意外な組み合わせは、なかなかに面白いと思います。

Khayam Khani...... Golamreza Vazzan

|

« ブーシェフルの音楽 | トップページ | アバダンのバグパイプと太鼓 »

イラン地方音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブーシェフルのグループsingsオマル・ハイヤーム:

« ブーシェフルの音楽 | トップページ | アバダンのバグパイプと太鼓 »