« ターゲ・ボスタンの古えの楽士 | トップページ | クルドのダフ »

2008年6月27日 (金)

ケルマンシャーのパーティ

2日間、ケルマンシャーの遺跡関係を見ましたが、現在のクルドとは直接関係ないのかも知れません。そこで今日はケルマンシャーの「クルド音楽の現在」と言う事で、クルド・ダンスのビデオを数本。このタテノリの音楽と、老若男女入り乱れてのダンス、何とも楽しそうです。音楽自体はカムカルの演奏の方がはるかに高度ですが、このタテノリ・リズムはほとんど同じと言っていいでしょう。所謂「クルドのり」というやつでしょうか^^
Mohammad Amin Gholamyariという歌手は若手に見えますが、ケルマンシャーでは名の通ったクルド民謡の歌手なのでしょう。ビデオが何本も見つかります。一本目はMohammad Amin Gholamyariの独唱と伴奏風景(左からケマンチェ、タール、トンバク、ウード)も確認できるビデオ。2本目は彼の歌をかけて会衆が踊っているようです。このクリップはちょっと接続が悪いようです。3本目はMohammad Amin Gholamyariではないようですが、接続はばっちり。故郷から遠く離れたイギリスで羽目を外して踊るクルド人たち^^ 会場の熱気に乗せて、望郷の思いも伝わってくるようです。

Mohammad Amin Gholamyari Traditionalmix

Mohammad Amin Gholamyari

Kurdish Dance in England

Kermanshah Party in Leeds

|

« ターゲ・ボスタンの古えの楽士 | トップページ | クルドのダフ »

イラン地方音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケルマンシャーのパーティ:

« ターゲ・ボスタンの古えの楽士 | トップページ | クルドのダフ »