« エスファハーンとゴルパ | トップページ | スンバティのウード・ソロとカルスーム »

2008年6月 7日 (土)

ダリウーシュ・タライー

エスファハーンでもう少しと探していたら、またまたお宝ビデオを見つけましたので、今日はそれをアップしておきます。現在のペルシア音楽界で、ホセイン・アリザーデと並び称されるタール&セタールの名手ダリウーシュ・タライーの若き日(おそらく70年代)の映像。タールの方のトンバク(ザルブ)伴奏がジャムシド・シェミラーニですから、仏Harmonia Mundiからの一連の録音(↓はその一つ ですが、既に廃盤かも)が出た頃の収録でしょう。こういうオーソドックスな古典演奏はやはり良いものですね~。しかし二人とも若い!w  
 

      
イランの音楽  
      マジッド・キアーニ(Santur)/Dastgah Segah、
      ダリウーシュ・タライ(Tar)/Dastah Shur、
      ジャムシド・シェミラーニ(Zarb)/Imrovisation a 6temps


タライーは、タールをアーガー・ホセイン・ゴリー(1851-1916)の息子であるアリ・アクバル・シャーナズィー(1897-1984)から習い、更に声楽のラディーフをアブドッラー・ダヴァーミから学んだという、カージャール朝の宮廷楽士直系の芸を今に伝承する名手。1952年生まれですから、上記のような19世紀生まれの巨匠から直接学んだ最後の世代でしょう。
ジャムシド・シェミラーニは、あのホセイン・テヘラーニの弟子筋で、現在多方面で活躍中のケイヴァン&ビジャン・シェミラーニ兄弟の父親。

旋法はタールの方がアフシャーリー、セタールの方はマーフールで、曲は往年のダルヴィーシュ・ハーン(1872-1926)による有名なチャハールメズラブ。

Persian Tar - Dariush Talai(埋め込み禁止)

Re: Dariush Talai - Setar

|

« エスファハーンとゴルパ | トップページ | スンバティのウード・ソロとカルスーム »

ペルシア音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダリウーシュ・タライー:

« エスファハーンとゴルパ | トップページ | スンバティのウード・ソロとカルスーム »