« レイラ・ファリギのクルド・マカーム?+個展の話し等 | トップページ | ビストゥーンの古代ペルシア遺跡 »

2008年6月24日 (火)

ケルマンシャー

さて、イラン西部クルディスタンの中心地、ケルマンシャーに辿り着きました。
ナーゼリーさんやヤルサンのタンブール音楽などは、3月末前後に集中してアップしましたので、今度はできるだけその他の音楽状況を見ていければと思っています。

一本目はパーレヴィ王朝時代の50~60年代に撮られたビデオのようです。当時のクルディスタンの風俗や町の風景など、とても興味深い映像が出てきます。セピア色のフィルムだけで確かにノスタルジック。バックのクルディッシュ・ポップスは最近のものだと思いますが。
二本目はケルマンシャー・ポップスになるのでしょうか。ファルハド・スルタンというのが歌手名? 伝統音楽色を残したサウンドで、この位だと現在のイランでもOKなのでしょうか。女性は被り物を被ってないし・・。
このように、分からないことばかりですが、ナーゼリー&ヤルサン音楽しか知らなかった者としては、とても新鮮に聞こえます。ケルマンシャーにも色々な音楽が流れているようです。しかしこの辺りもやはり美人が多いですね^^

Kermanshah

KERMANSHAH YA SULTAN SAGH awarey_donia

|

« レイラ・ファリギのクルド・マカーム?+個展の話し等 | トップページ | ビストゥーンの古代ペルシア遺跡 »

イラン地方音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケルマンシャー:

« レイラ・ファリギのクルド・マカーム?+個展の話し等 | トップページ | ビストゥーンの古代ペルシア遺跡 »