« ハニ嬢のクルド・マカームと民謡 | トップページ | ラシッド・タハ版 と今週の話 »

2008年7月12日 (土)

ダーマヌ・エルハラシの名曲

作業が立て込んでいてすっかり遅くなってしまいました。今日はいきなり飛んでアルジェリアへ。往年のアルジェリアの歌謡シャアビの名歌手、ダーマヌ・エルハラシの名曲「Yah Rayah」。
一般的にシャアビは中世スペインからマグレブに伝承されたアラブ・アンダルシア系音楽の影響が色濃い歌謡ですが、演歌的な心がひりひりするような感情をたたみかけるように歌うのが特徴といえるでしょうか。その中で今日のYah Rayahは、あの典雅なアンダルシア音楽とは表面的にはかなり異なり、楽器に影響が見られるだけかも知れません。ちょっと異色の望郷の憂い節かも。
アルジェリア人の知人(♀ 大分前に帰省の際にベドウィン歌謡のCheikh HamadaやKhrifi Ahmedの現地CDRを買ってきてもらった件で登場した人)から2005年頃に聞きましたが、同じ演歌的な歌でも、女性はシェブ・ハレドやシェブ・マミなどのライを、男性はシャアビを好む傾向があるようです。エルハラシの音源は古い所ではフランスのClub du Disque Arabe(AAA)から90年代に断続的に5枚出ましたが、このレーベルは残念ながら活動停止してしまいました。ヤー・ラーヤはVol.1に入っていました。
数年前にラシッド・タハ(この名前でいつも思いますが、コーランの「ターハー」の章と関係があるのでしょうか?)などがカヴァーして大ブレークし、昨今のマグレブ歌謡~アラブ・アンダルシア音楽ブームに火を点けたようです。エルハラシ(エル・ハッラシとも)は現代に復活した名曲「Yah Rayah」だけでなく、名調子を多数残した男性歌手で、しわがれ声の豪放な歌いっぷりが魅力。彼の歌そのもののような破天荒な生涯の末、80年に自動車事故で亡くなりました。

Ya rayah by Dahmane El Harrachi

clip ya rayah Dahmane el Harachi

|

« ハニ嬢のクルド・マカームと民謡 | トップページ | ラシッド・タハ版 と今週の話 »

アラブ・マグレブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447810/22250368

この記事へのトラックバック一覧です: ダーマヌ・エルハラシの名曲:

« ハニ嬢のクルド・マカームと民謡 | トップページ | ラシッド・タハ版 と今週の話 »