« パリサー・アルサラーニのサズ | トップページ | サズ アゼルバイジャンの場合 »

2008年7月26日 (土)

サズ タブリーズの場合 + 花火

サズ(コプズ)の演奏、今日は東アゼルバイジャンのタブリーズの場合。
1本目に見られるように、高く高く掲げて、ほとんど顔のすぐ下くらいで弾くことも多いようです。楽器は左からダフとバラバン2本、コプズで、1993年のタブリーズのグループ来日の時も同じ編成でした。このスタイルを見ると、あっ!タブリーズのアゼリ・グループだ!と反応してしまいます^^ 今日のは、その編成の珍しいヴィンテージ映像。昨日のとは対照的に、男性はこうして人前で歌っても何も問題はないのですが・・。
2本目は6歳の少女朗読者とのデュオということでしょうか。詩の思いを弦で表現するような、エモーショナルなプレイが素晴らしいです。南アゼルバイジャンとありますが、どの辺りか不明ですが、タブリーズの近くでは。3本目は、詩の作者か、古老の映像が最初に出てきた後、少女朗読とタール弾き語りになります。このように、詩が盛んなのは、ペルシアだけではないようです。

Qulamrza Sebri Tebrizi 3

6 years old South Azerbaijani Girl (Dona MohammadPour)-(4/6)

6 years old South Azerbaijani Girl (Dona MohammadPour)-(5/6)

おんまく花火

今日は隅田川花火大会だったそうで。関東にいた時は、よくTVで見ていました。生も1,2回。
最後に、去年の地元今治の祭おんまくの映像を上げておきます。携帯のビデオで撮ったものです。

|

« パリサー・アルサラーニのサズ | トップページ | サズ アゼルバイジャンの場合 »

イラン地方音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447810/22570485

この記事へのトラックバック一覧です: サズ タブリーズの場合 + 花火:

« パリサー・アルサラーニのサズ | トップページ | サズ アゼルバイジャンの場合 »