« ヨハンナ・マルツィのシャコンヌ | トップページ | 能 in イラン »

2008年7月 3日 (木)

トンバクの銘器とリーズについて

今日は摂氏34度と真夏のような蒸し暑い日でした。ちょっとぐったりしております(´▽`)  皆さんの方ではいかがでしたでしょうか。後四日で七夕ですから暑くて当たり前なのですが、梅雨場のこういう逃げ場のない暑さは苦手です。なのでアップも遅くなりましたm(_ _)m

さて、イランの地方音楽に戻ろうかと思いましたが、バッハの前がダフでしたので、また打楽器で暑気払いということにしたいと思います。トンバクについては前に何回かアップしましたが、その後もまた色々出てきております。今日の一本には、イスファハンのトンバク製作者Rahim Shiraniの作品が次々出てきます。象嵌細工が施された、びっくりするような豪華絢爛な装飾の楽器もありますが、古都イスファハンらしくペルシアの古典詩がテーマのものや、ゾロアスター教の神アフラ・マズダーがデザインされたものもあります。
バックで流れているトンバク独奏は、往年の巨匠ホセイン・テヘラーニですね。この力強く個性的な音ですぐに分かります。後半は彼が得意にしていた蒸気機関車の物真似演奏。おまけでトンバクの基本奏法のリーズ2種類。演奏風景をご覧になりたい方は、トンバクのカテゴリーで遡ってみてください。

Tombak : Rahim Shirani (Famous Tonbak Maker) Iran Esfahan

the nine finger roll

両手9本の指を使ったリーズ奏法。ビデオのようにゆっくりからスピードを上げて練習し、どんな音符の長さでもスネアのロールのように正確に打たなければいけません。指の脱力と、指先の力の集中という相反するような意識が肝要。膜面に「当てる」というより、手首のスナップを利かすことで指先が自然に「当たっている」という意識も必要だと思います。リーズ奏法はトンバクのタハリール(鶯の声)と言えそうなベーシックなテクニック。これが出来ないとトンバクやっててもしょうがない、と思います。というかトンバクの音にならないです。

mosbat technique

上のリーズのベースになる3(薬指)のリーズ。これが出来るようになったら、両手指をばらして使うようにすると上のリーズが出来るようになると思います。膜面に当てる順番は右手0,4,3,2,1、左手4,3,2,1の順。左手の0(親指)は左手が膜面に出て行くテクニックの時以外は出てきません。

|

« ヨハンナ・マルツィのシャコンヌ | トップページ | 能 in イラン »

ペルシア音楽 トンバク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447810/22056844

この記事へのトラックバック一覧です: トンバクの銘器とリーズについて:

« ヨハンナ・マルツィのシャコンヌ | トップページ | 能 in イラン »