« キルギスはやっぱりコムズ | トップページ | アマン・ニサハーンとオンイッキ・ムカム »

2008年8月 1日 (金)

ウイグルの12ムカム

イラン西部のアゼルバイジャンから飛んで、中央アジアのトルコ系の兄弟民族を見ていくということで、まずキルギスから入りましたが、今日から中国西部のウイグルのビデオを見てみたいと思います。ちょうど北京オリンピックの直前でタイムリーという感もありますので^^ キルギスとの繋がりでみると、次はカザフですが、また後日廻る予定です。
新松戸にいた頃、毎夏の新松戸祭にウイグルの屋台(日本シルクロード倶楽部主宰)が出ていました。当然毎年のように顔を出し、そこで何人かウイグル人とも知り合いになりましたが、ウイグル人の楽器演奏(タンブールのアブライティ・ムハメドニヤズさんは常連でした)や踊りとあわせて、カバブの羊を焼く匂いが今でも強烈に記憶に残っていますf(^^;  羊肉は好きですが、一日あの匂いの中にいるのは、かなり強烈な体験でした。

ウイグルの音楽ですが、膨大な12のムカムのレパートリーがまずあります。それらはトルコ・アラブ・ペルシアの古典音楽の影響を汲んだもので、アラブやトルコのマカームやアゼルバイジャンのムガームは名前そのもの自体繋がりがあるのは明瞭ですが、イランのダストガーからも影響を受けていることは以下のムカム名からも明白でしょう。「ムカム」は、「旋法」であると同時に、楽曲大系になっている点でも、ダストガー音楽に似ています。
1つのムカムをフルに演奏すると大体2時間ほどかかるそうで、大概はあるムカムのごく一部を断片的に独奏などで演奏したりする場合がほとんどだそうです。CDも色々出てきていますが(音源情報はこちら)、大体そういった断片的な演奏で、全貌はウイグル本国以外ではまだほとんど知られていないようです。
12ムカム一覧
1. ラック(RAK)  2.チャビアット(CHABBIAT)  3.ムシャーヴラク(MUSAVIRAK)
4.チャリガー(CHARIGAH)  5.パンジガ(PANJIGAH)   6.オザール(OZ'HAL)
7.アジェム(AJAM) 8.ウッシャーク(OSHSHAQ) 9.バヤット(BAYAT)
10.ナーヴァ(NAWA) 11.セガー(SIGAH) 12.イラーク(IRAQ)

12muqam_412muqam1 12muqam_back

本国では12ムカムのレパートリーをミュージカル映画のようなセット(ウイグル版時代劇のようなものでしょうか)で各2時間ほど収録した12巻セットのVCD←が出ていて、これを見ていると各ムカムの楽曲がどういうシチュエーションで歌われ演奏されたのかよく分かります。各巻B5サイズ近い箱にVCDが一枚入っているだけという豪華装丁で、正にこれは12ムカム大全と言って良いセットだと思います。しかしこのセットは本国以外で手に入れるのは至難の技。私の所には12巻揃っておりますが、これは知人の友人のウイグル人留学生を通じて信用の置ける現地の店から買ってきていただいたもので、大きな箱での移送になるため1,2セット手に入れるだけでも困難を極めました。そのためHP等で売るほどは確保できないのが現状ですm(_ _)m  手に入れた5年ほど前よりも更に状況は困難になっていると思います。今日のyoutubeはそのVCDの12ムカム大全からです。
12ムカム全部だと視聴に合計24時間かかるという長大さは(実はまだ全て見れておりませんf(^^;)、正に悠久のシルクロード(西域)の調べそのものとの感慨を覚えますが、更に言えば、ウイグルの4つの地域ごと(Kashgar-Yarkand, Turpan, Qumul, Dolan)のムカム体系があるようですf(^^;  その壮麗さと複雑さには驚くばかり。CDでは一部それらも登場してきていますが、どう違うのかについては、何か分かりましたら随時情報を追加していきたいと思います。

ウイグル~ウズベキスタンのいわゆる「西域の音楽」は、間違いなく「民族音楽の華」の一つですから、「ウイグル」で一つのカテゴリーにしました。

お薦めサイト ゆいぐる・どっとこむ   Yuighur.com Music Site

Miracle of Music: Uyghur 12 Muqam

上記VCD2巻目のQabbayat(チャビアット)から。(以下ビデオの解説より)
Known as the "mother of Uyghur music," the 12 Muqam has a long history. Some scholars believe its origin can be traced back to the 206BC-220AD. The Uyghur 12 Muqam is so large in scale and so complicated in rendition that no rival can be found in the world. It consists of 360 sung poetry, stories, dance tunes and instrumental sections. Some of the lyrics of the Muqam are drawn from 44 great classic poets and folk poetry, totaling 4,492 lines of words. To sing the complete Muqam takes around 24 hours. Now it was included in UNESCO' s( United Nations Educational, Scientific, and Cultural Organization)list of "oral and intangible heritage of humanity". 
Contemporary scholars refer to four distinct regional genres: the Twelve Muqam of the Kashgar-Yarkand region, the Turpan Muqam, the Qumul Muqam, and the Dolan Muqam.

Structure of 12 Muqam:The 12 Muqam each consist of suites of fixed melodic sequences and order. Each of the 12 Muqam is structured as follows:
Muqeddime
Chong neghme (Tez, Nusha, Jula, Senem, Chong seliqe, Kichik seliqe, Pishrew, Teikid)
Dastan
Meshrep

Uyghur - Gherip&Senem

中国語字幕が入っているので、上記VCDからではないかも。ムカム・ラークからの楽曲であることは確かなようです。こういう映像を見るたびに、ウイグルが中国に入っているのは無理があるよなぁと思います^^ Gherip&Senem - 12 Muqam(Rak muqami) www.ekber.muzigi.com

|

« キルギスはやっぱりコムズ | トップページ | アマン・ニサハーンとオンイッキ・ムカム »

ウイグル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウイグルの12ムカム:

« キルギスはやっぱりコムズ | トップページ | アマン・ニサハーンとオンイッキ・ムカム »