« ウイグルのヒデとロザンナ? | トップページ | ウイグルとマニ教、仏教 »

2008年8月 6日 (水)

クチャとクムル他の歌 +カールマン・イムレさん

今日ももう少しポップス寄りの歌を見てみようと思います。クムル(ハミ)の曲以外は、かなり民謡的な歌で、地方による節の特色を味わいながら、また現地の映像を眺めながら聞くのは乙なものです。ウイグルの地方の民謡は、ウイグル語でヘルク・ナフシャ(「民族の歌」の意味)と呼ばれるそうです(詳細はこちら参照)。これらの魅力的な歌の詳細については不明ですので、詳しい方いらっしゃいましたら、情報をお待ちしております m(_ _)m

Tar Kucha Uyghur Music

曲名通り、タリム盆地の北側の町、クチャの歌なのでしょう。タールというのは何でしょう? とても気になるところ。タール・クチャというサビの部分が耳に残ります。

★°∴☆.°°Uyghur.*.·★°∴☆.°°

どこの地方か不明ですが、この曲など、ほとんど民謡そのものかも知れません。ウズベキスタンの名歌手Monadjat Yulchievaの歌唱を思い出させるような中央アジアの典雅な歌。エレガントな歌声と節回しに魅了されます。

Uyghur Music

この歌はトゥルファンより東に位置するウイグル東部(一番中国より)の町、クムルの民謡が元だそうですが、大分現代風にアレンジされています。 ビデオ解説=I just had an MP3 of this song,so made this video. not very well matched but it's ok, you can listen to a nice song and watch a nice video. (Uyghur folk song from Qumul)

:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜☆  ヴィルトゥオーソ・チェリスト Kalman Imreさん

Imrekalman97 6月の末にカールマン・イムレさんの演奏のyoutubeを上げて、「チェロによるシャコンヌ」という記事をアップしましたが、何と沖縄にカールマン・イムレさんのお知り合いの方がいらっしゃいまして、ブログの記事の件で度々ご連絡(書き込みコメント)いただきました。更に何とイムレさんの、一般には手に入りにくいと思われるハンガリー製CD(97年ハンガリーのHungaroton製作でアーティスト持ちのカスタム盤では?と思われます)を一枚送っていただきました。(比嘉さん、有難うございました m(_ _)m )
イムレさんはハンガリー系セルビア人の方のようですが、ドイツ語を普段良く使われるようです。奥様は日本人ヴァイオリニストのMegumi Teshimaさんで、youtubeもあります。ちょうど数日前に沖縄にヴァカンスで来られたようなので、昨日ももしかしたら当ブログを見ていただいているかも知れないと思い、一言くらいイムレさんも分かる言葉を入れようと思って、昨晩はGute Nachtと入れました^^  曲目は以下の通り。パガニーニ以外は現代曲です。特にコダーイの無伴奏は素晴らしかったです。

 ゾルタン・コダーイ/無伴奏チェロ・ソナタ
 ジェルジ・リゲティ/チェロ独奏のためのソナタ
 アンリ・デュティーユ/Paul Sacherの名のための3章
 ニコロ・パガニーニ/カプリース№24

8月には沖縄でワークショップ、11月には沖縄と東京でワークショップとコンサートもされる予定のようです。また詳細が分かりましたら、当ブログでも告知致します。因みにシャコンヌが入った盤は出てないようです。しかしブログをやっていると、嬉しいハプニングがあるものです^^

|

« ウイグルのヒデとロザンナ? | トップページ | ウイグルとマニ教、仏教 »

ウイグル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クチャとクムル他の歌 +カールマン・イムレさん:

« ウイグルのヒデとロザンナ? | トップページ | ウイグルとマニ教、仏教 »