« バルティスタンとバルチスタン | トップページ | バルティスタンのガザルとベリーダンス? »

2008年10月28日 (火)

セタール? チトラル・シタール?

昨日の段階では分からなかったShina, Khowarについて調べましたら、やはりインド・イラン語派に所属することが分かりました。詳しくはこちら
どちらもダルド語派に入る言語で、コワルはチトラル諸語、シナー語はギルギットやアストルなどで話される言葉のようです。チトラル諸語には他にカラーシャ語が入っていますが、これはカラシャ(カラシュ)族の言葉と同じかどうか不明。カラシャと言えば、古代ギリシア系説があったのでは?と思いました。コワルがチトラルの言葉でしたので、今日はバルティスタンから西に移動して、チトラルのクリップを見てみます。

16日に少し見たチトラルですが、地元の吟遊詩人と思しき古老によるセタール(チトラル・シタール?)弾き語りのビデオを上げておきます。形と音色は全くイランのセタールにそっくりですが、構え方が中央アジアのタンブールのような、北インドのシタールのような、極めて低いポジショニングです。テクニックはともかく、なかなか味のある弾き語りですね^^  村人の一体感溢れる楽しげな雰囲気が良いです。3本目は若手の民謡?アンサンブル。スーフィー音楽のように段々高揚していきます。

Nen Mile Chain mile (Afzal Meaki)

chitrali song

chitrali music 3

KHOWAR BASHONO

|

« バルティスタンとバルチスタン | トップページ | バルティスタンのガザルとベリーダンス? »

パキスタン」カテゴリの記事

コメント

カラーシャ語は、あのカラーシャ人の言語ですね。カラーシャ、カラシュといった表記の違いが気になっていたんですが、調べていたら、カラーシャが自称で、カラシュはコワール語での呼称となっていました。パキスタンのカラーシャ人口は3千人ほどだそうですが、アフガニスタンには同族でヌーリスターニーと呼ばれる人々が、何十倍もいるそうですね。

投稿: hasuge | 2008年10月29日 (水) 11時59分

>hasuge様
いつも有難うございます。カラーシャについてはやはりそうだったのですね。カラシャについてはギリシア系説がありますが、現在話している言葉がイラン系でも、民族的出自はギリシア系というのはありえるのでしょうか。しかしアフガニスタンに同族が何十倍もいるのでは、ギリシア系説自体怪しいということになるのでしょうか。

投稿: Homayun | 2008年10月30日 (木) 18時59分

ヌーリスターニーにもカラーシャ同様、ギリシア人の子孫であるという伝承がありますが、DNAを調べたところ、ギリシア人との関係を否定するような結果がでたそうです。夢のない話ですが、カラーシャも同じではないでしょうか。言語は容易に置き換わりますから、現在どんな言語を使っているかということと、本来の民族的出自が結びつかないことも十分にありえます、

投稿: hasuge | 2008年10月31日 (金) 14時14分

>hasuge様
いつも有難うございます。カラシャとブルシャスキーはマケドニア系だとか、ギリシア系だとか、色々言い出すのは、ヨーロッパの人たちのように思えますが。ギリシアの影響がここまで及んでいるんだ、と考えたいのではと思わせる節も見えます。

投稿: Homayun | 2008年11月 2日 (日) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セタール? チトラル・シタール?:

« バルティスタンとバルチスタン | トップページ | バルティスタンのガザルとベリーダンス? »