« 多様なトルクメン音楽 ② | トップページ | トルクメンの楽器 管楽器編 »

2008年11月19日 (水)

ドゥタールとギジャク、打楽器

今日はトルクメンの楽器編。まずは弦楽器と打楽器から。バフシーが必ず手にしている2弦のドゥタールと擦弦のギジャク、更にまだ映像で登場していない珍しい打楽器の映像が続々と見つかりました。ドゥタールの奏法は、右手の動きが柔軟で、左手も細かく装飾が入りますが、その繊細な音さばきは目を見張るものがあります。ギジャクは作りも音色もイランのケマンチェを素朴にした感じ。どの楽器を見ても(乾燥南瓜のような打楽器は例外ですが)、トルクメンの東西南北に隣接する諸国の楽器を思い起こさせる要素がそこかしこに見えます^^

Turkmen Musical Instruments-Dutar

Turkmen Musical Instruments-Gyjak

Turkmen Musical Instruments-Dowul

先日のカフカス・ドラム似の太鼓は、このドウルだったのでは。作りだけはかなり似ていますが、ここでのリズムはトルクメンのものでしょう。

Turkmen Musical Instruments-Tebil

こちらのテビルは、アラブ~トルコのダラブッカ(エジプトではタブラと呼ばれますが、インドのタブラとは別)にそっくり。

Turkmen Musical Instruments-Kici dep

楽器名はキジ・デプでしょうか。これはアラブのリクにそっくりなタンバリンに似た枠太鼓。表面に黒い塗り物がある所が非常にユニーク。この点ではインドの太鼓(タブラやムリダンガム)に似ています。

Turkmen Musical Instruments-Kyadi

キヤディと読むのでしょうか。これは何か野菜か果物を乾燥させたものでは。私も今回初めて見る楽器です。

Turkmen Musical Instruments-Gopuz

これは前にウラル・アルタイの時に一度アップしたと思います。トルクメンの口琴ゴプズの演奏。倍音唱法がある所には、やはり口琴もありました。

|

« 多様なトルクメン音楽 ② | トップページ | トルクメンの楽器 管楽器編 »

中央アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドゥタールとギジャク、打楽器:

« 多様なトルクメン音楽 ② | トップページ | トルクメンの楽器 管楽器編 »