« オスマン音楽の精華 ファスル | トップページ | 女性歌手のベステやシャルク »

2008年12月15日 (月)

名曲Yine bir Gülnihalを再び

去年ブログを始めて間もない頃に訳詩も入れて取り上げましたが、オスマン朝の大作曲家ハンマーミザーデ・イスマイル・デデ・エフェンディの名シャルク(歌曲のようなジャンル)、イネ・ビル・ギュルニハールをまた何本か見てみたいと思います。ファスルの形態でよく歌われる曲で、デデ・エフェンディのファスル・アルバムには大体入っています。youtubeでも、その数、ヴァリエーションの豊富さから見て、どうも老若男女問わず愛されているようですね。前にも書いたように、ウードの教本では移調されて何度も出てきてました。3拍子の簡素な一曲ですが、いかにもオスマン古典的な高雅な佳曲です。

Yine Bir Gulnihal Classical Version

混声合唱とメヴレヴィー的伴奏中心のオーソドックスなスタイル。

(Koro) Yine bir Gülnihal

合唱、伴奏共にyoutubeの中では特に良いように思います。Koro=Chorus

BARIŞ MANÇO-YİNE BİR GÜLNİHAL- İLK KEZ YAYINLANIYOR

99年に亡くなったトルコの国民的歌手、バルシュ・マンチョがこの古典曲を歌っている珍しい映像。TVのまた撮りで映像の状態は悪いですが。

|

« オスマン音楽の精華 ファスル | トップページ | 女性歌手のベステやシャルク »

トルコ音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名曲Yine bir Gülnihalを再び:

« オスマン音楽の精華 ファスル | トップページ | 女性歌手のベステやシャルク »