« セルチュクの曲 独唱編 | トップページ | オスマンとビザンツ »

2009年1月22日 (木)

ジヌチェン&オズゲン登場

Raks Muzikからソロ盤があったイフサン・オズゲン(İhsan  Özgen)というチェロ&ケメンチェ奏者で検索してみたら、これまた貴重映像が見つかりました。収録は70年代かと思いますが、映像はモノクロ。オズゲンは、ここではケメンチェを弾いていますが、何とウードがジヌチェン・タンルコルルでした。4本目で素晴らしいタクシームを披露しています。男性歌手はBekir Sıtkı Sezgin(ベキル・ストゥク・セズギン) という人のようです。5本でトータル30分くらいになるでしょうか。オズゲンのチェロ演奏を見てみたいのが主目的でしたが、今日は一まず往年のオスマン古典の名手達の、しっとりした名演をお楽しみ下さい。

Bekir Sıtkı Sezgin 1/5

Bekir Sıtkı Sezgin 2/5

Bekir Sıtkı Sezgin 3/5

Bekir Sıtkı Sezgin 4/5

Bekir Sıtkı Sezgin 5/5

|

« セルチュクの曲 独唱編 | トップページ | オスマンとビザンツ »

トルコ音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジヌチェン&オズゲン登場:

« セルチュクの曲 独唱編 | トップページ | オスマンとビザンツ »