« オスマン名曲選 デメディム・ミ | トップページ | ブルハン・オチャル2 »

2009年1月26日 (月)

ブルハン・オチャル

ブルハン・オチャルは、色々な打楽器と弦楽器を操る名手で、カリスマ的な音楽家と言えるでしょう。昨日名前が出たので見ておきたいと思いますが、90年代にやってたようなタンブール・ソロを探してみましたが、最初の方にはほとんど見当たらないようです。近年は担当楽器はダラブッカなどの打楽器が中心になっているようですね。その中から、何本か上げてみました。

Burhan Ocal Ritm1

ダラブッカでベリーダンスの伴奏。踊り子とのインタープレイですね。もっときれいな映像で見たいものですが^^

burhan ocal - Sehnaz Longa

この有名なロンガ・シャーナズは、エジプトのリアド・アル・スンバティの曲だったと思います。

(Yavuz Bingöl) Evlerinin önü Mersin

ヤヴズ・ビンギョルのサズ弾き語りの相方のバーラマを、オチャルが弾いています。サズの弾き語りは、言うまでもなく、これまで見てきたオスマン古典音楽とは違って、ストレートに中央アジアの音楽に繋がる、もう一つのトルコ音楽。アラブ~ペルシアの影響の強い前者に対して、純テュルク的です。

|

« オスマン名曲選 デメディム・ミ | トップページ | ブルハン・オチャル2 »

トルコ音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルハン・オチャル:

« オスマン名曲選 デメディム・ミ | トップページ | ブルハン・オチャル2 »