« 更にユルドゥズラルン・アルトゥンダ | トップページ | クツィ・エルグネル »

2009年2月 8日 (日)

メルテム・ヤマク・セイフェリオウルの古典歌唱

アリ・ルザ・ベイの「ユルドゥズラルン・アルトゥンダ」を調べている時にyoutubeで初めて見た歌手ですが、メルテム・ヤマクという女性歌手、古典的なシャルクから、昨日のような大衆的なサナート・スタイルまでこなす人のようです。全くクセのない上品な歌い方と美しい声なので、返ってインパクトは少ないかも知れませんが、巧みな節回しはオスマン古典歌唱を正統に継承しているように思います。優雅で芳醇なオスマンの古典シャルクを聞かせる美人歌手と言っていいのでは。彼女のシャルクのビデオは数え切れないほどありますが、その中から数本選んでみました。

Meltem Yamak / Ömrüm seni sevmekle nihayet bulacaktir

微妙な旋律が魅力のヒュッザム旋法のシャルクで、作曲はイェサリ・アスム・アルソイ。

Meltem Yamak / Ay öperken suların göğsünü, sahilde yıkan

これもヒュッザムのシャルクでした。作曲はシュクリュ・トゥナル。古典音楽らしからぬステージ衣裳のようにも思いますが^^

MELTEM SEYFELİOĞLU £££ Dün Gece Mehtaba Dalıp Hep Seni Andım

これもヒュッザムですが、合唱をバックにリズミカルな伴奏で歌っています。高い音の辺りはメヴレヴィー的にも聞こえるように思います。作曲はセマハト・オズデンセスという人。

MELTEM YAMAK SEYFELİOĞLU £££ Ne Doğan Güne Hükmüm Geçer

ミュニール・ヌーレッティン・セルチュク作曲のマーフール旋法のシャルク。マーフールらしい晴れやかなムードの曲。

Meltem Yamak / Hastayım yaşıyorum görünmez hayâliyle

往年のウード奏者、ウーディ・フラント(Traditional Crossroadsから復刻盤が3枚ありました)作曲のヒジャーズ旋法のシャルク。

|

« 更にユルドゥズラルン・アルトゥンダ | トップページ | クツィ・エルグネル »

トルコ音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メルテム・ヤマク・セイフェリオウルの古典歌唱:

« 更にユルドゥズラルン・アルトゥンダ | トップページ | クツィ・エルグネル »