« イスマイル・ハック・ベイ(1866-1927) | トップページ | 露土戦争は遠くなりにけり? »

2009年2月 2日 (月)

イスマイル・ハック・ベイの名シャルク

昨日に続いてオスマン音楽の名匠イスマイル・ハック・ベイの曲を。昨日の3本目の合唱で歌われていたFikrimin İnce Gülüという曲ですが、これがまたまたビデオが沢山ありすぎて困るほどf^^; それらの中から何本か選んでみました。これはシャルクになるのだろうと思います。たゆたうような哀感を帯びた3拍子の美しい歌です。土和辞典を引いても、良い訳が思いつきませんが、和訳するとどうなるのでしょうか。

BELGİN EROL -- Fikrimin İnce Gülü Kalbimin Şen Bülbülü

女性歌手ベルギン・エロルの歌唱。古典楽器を使いながらも大衆歌謡的な伴奏。ジャンル的にはサナートになるのでしょうか。タールとアコーディオンが入ってますので、カフカス色が出てくるかも。

ŞEVVAL SAM £££ Fikrimin İnce Gülü Kalbimin Şen Bülbülü

Kimseye etmem sikayetの時に出てきたŞEVVAL SAMの歌唱。ふぁどさんからは彼女は黒海地方の出身かもと推測が出ていましたが、どうなのでしょうか。この歌のフルタイトルはFikrimin İnce Gülü Kalbimin Şen Bülbülüのようです。

Zara - fikrimin ince gulu (sari sicak)

歌っているザラは、先日アップした歌手ザラでしょうか? 違う人のようにも見えますが。

Fikrimin İnce Gülü 8-6

映画かTVドラマのようですが、この中でFikrimin İnce Gülüが使われています。日本に当てはめるなら、長唄などが映画に使われるようなものだと思いますが、昭和30年代くらいで廃れてしまいました(高田浩吉の映画辺りが最後かも)。トルコでは未だに古典音楽が色々な場面で生きていると・・。素晴らしいことです。

|

« イスマイル・ハック・ベイ(1866-1927) | トップページ | 露土戦争は遠くなりにけり? »

トルコ音楽」カテゴリの記事

コメント

「記憶の中のほっそりしたバラ、心の中の陽気なナイチンゲール」といったところでしょうか。要するにかつて恋人だった女性のことですよね。これまでトルコの歌はほとんど聴いたことがなかったのですが、興味が湧いてきました。それから、シェッヴァル・サムですが、本来は女優として有名な人です。黒海地方の出身かもというのは、2008年に出た2番目のアルバム『Karadeniz(黒海)』に関係があるのかもしれません。ただし、彼女は1973年、イスタンブル生まれですが。

投稿: hasuge | 2009年2月 3日 (火) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イスマイル・ハック・ベイの名シャルク:

« イスマイル・ハック・ベイ(1866-1927) | トップページ | 露土戦争は遠くなりにけり? »