« ポゴレリッチのスカルラッティ | トップページ | ミケランジェリのスカルラッティ »

2009年3月15日 (日)

ホロヴィッツの名演 K.466

「今日のスカルラッティ」の7日目ですが、所用(諸々ZeAmi業務の他に地元弦楽ens.でチェロを弾いてきたりもしてまして)ですっかり遅くなってしまいましたので、例のホロヴィッツさんの極めつけの名演を一本上げておきます。3曲繋がって出てきますが、真ん中のK.466(L.118)が何と言っても白眉。例のソニーのアルバムに入っていたヘ短調の叙情的な曲です。快活かつ名人芸を聞かせる3拍子中心の曲の中にあって、異彩を放っていました。とにかく美しいです。Vladimir Horowitz performs Sonata in A Flat Major K 127, Sonata in F Minor K 466 and Sonata in F Minor K184 of Domenico Scarlatti. Recorded in 1982, London. 

Vladimir Horowitz - Domenico Scarlatti (1)

|

« ポゴレリッチのスカルラッティ | トップページ | ミケランジェリのスカルラッティ »

バロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホロヴィッツの名演 K.466:

« ポゴレリッチのスカルラッティ | トップページ | ミケランジェリのスカルラッティ »