« ギュライをもう少し | トップページ | ポマクのペスネ »

2009年3月 7日 (土)

トルコのブルガリア人とブルガリアのトルコ人

10年ほど前にトルコの名門レーベルKalan MuzikからPomakのCDが出ていました。トルコに住むブルガリア語を話す人々、ポマクの民謡などを収めた一枚で、トルコにありながらキリル文字を用いる民族の存在に驚いたものです。しかしポマクとは、バルカン半島全域がオスマン帝国支配下だった頃に、キリスト教からイスラム教に改宗したブルガリア人の子孫のことで、広く知られているのはブルガリアに住むムスリムのポマクのようです。ウィキペディアによると、ポマクの名前はポムチェーン помъчен(拷問された) あるいは ポマガーチ помагач(占領者への協力者)に由来しているとのこと。ポマガーチという単語はロシア語と同じですから聞き覚えがありました。ロシア語なら「ガ」にアクセントが来るので、パマガーチとした方が近そうですが。

トルコのポマクのデータはないかなとざっと探してみましたが、やはりトルコ側は12万人程度の少数派ですから、ブルガリア側の映像がほとんどのようです。今日は取りあえず導入で2本上げておいて、何か興味深いことが分かったらまたアップしようかと思います。

POMAKS AND TURKS IN BULGARIA

ブルガリアのポマクとトルコ人についての映像のようです。歌はトラキア・ポップスでしょうか?

Новото РОБСТВО Chapter 2-Part 1-Turkish Politics in Bulgaria

ブルガリアにおけるトルコ人についてのドキュメンタリー。ポマクではなくトルコ人のようです。ブルガリアのTV映像ですので、言葉はブルガリア語。

|

« ギュライをもう少し | トップページ | ポマクのペスネ »

トルコ音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トルコのブルガリア人とブルガリアのトルコ人:

« ギュライをもう少し | トップページ | ポマクのペスネ »