« 今日もリミティ | トップページ | 他のシェイフとシェイハ »

2009年4月29日 (水)

リミティ3日目

シェイハ・リミティは最重要歌手の一人なので、日数をかけていますが、この人の名前、rimittiとremittiという表記がありまして、今日は後者で検索した結果。女性のみのアンサンブルによる交唱のスタイル。甲高い叫び声のユーユーを交えながら狭い音域で畳み掛けるように歌われる歌は、ベドウィン歌謡風にもトランス音楽風にも聞こえますが、更にはブラック・アフリカ的な色彩も帯びているようにも思います。アトラス山脈を下ったところにビスクラという町があって、そこにはモロッコのグナワに似た黒人系儀礼音楽(仏OcoraからCD「ビスクラのディワン」が有り)がありますが、その影響がもしかしたらあるのかと想像してみたりもしました。
もう少し書こうと思っていましたが、急に腹痛と睡魔が襲ってきましたので(笑)、今日はこの辺で。しかしリミティの歌はパワフルで素晴らしいです。喉が開ききっていますね。圧倒的な存在感と個性があります。

CHEIKHA REMITTI ET MEDAHATTES

CHEIKHA REMITTI ET MEDAHATTES SALOU AHL'NBI

|

« 今日もリミティ | トップページ | 他のシェイフとシェイハ »

アラブ・マグレブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リミティ3日目:

« 今日もリミティ | トップページ | 他のシェイフとシェイハ »