« マルクンダ・オーレス | トップページ | カビールとオーレス ベルベル語の話 »

2009年4月18日 (土)

フーリア・アイシ

アルジェリアのベルベル女性歌手、3人目はフーリア・アイシ。最近のヒジャズカルとの共演がなかなか話題になっていると思います。彼女はアルジェリア北東部に位置するアトラス山脈の町オーレスの生まれで、この地に住むベルベル系のシャウィ人。ヒジャズカルは、フランス東部ストラスブール出身の5人組。そのアルバムでは伝統とモダンさが共存した出色のアンサンブルを聞かせています。アムルーシュとマルクンダが「静」とすれば、アイシはベルベルの歌の「動」の面と言えるでしょうか。昔も今もそういう印象が強い歌手です。この人の名前「フリア・アイシ」と短く綴られることが多いようですが、حـوريــة عــايـشــيと、2文字目に長母音を表すアラビア文字のワウが入っていますので、フーリアと伸ばす方が近いのでは。余談ですが、例のアルジェリアの知人の姉がフーリアさんと言って、確かにそういう風に発音していました。
この人の音源はオーヴィディスのエスニックなどから90年代に数枚出ていました。残念ながら現在は入手困難だと思いますが。ですから、おお、久々に名前を聞いたなという懐かしい思いでしたが、今度は現代的な装いを上手く取り入れた刺激的なサウンドでの再登場。今日の1本目が90年代のイメージでこれはほぼ伝統音楽のままでしょう。ガスバは循環呼吸(息継ぎなし)で吹いているように見えます。素焼き?のダラブッカのずっしりした古風な音色も素晴らしいです。映像の乱れがあって残念ですが。2,3本目(2本目は埋め込み禁止)は近作のヒジャズカル(もしくはヒジャーズカル)との共演。皆さんはどちらがお好きですか?

HOURIA AICHI (ya salah)

Houria Aichi & L´Hijaz Car à Paris (1) 
Avec : Houria Aïchi (adaptation et chant), Grégory Dargent orchestration, (arrangements, oud, banjo, etc.), Etienne Gruel (percussions), Jean-Louis Marchand (clarinette), Fabien Guyot (percussions), Nicolas Beck (tarhu, hajouj)

Houria Aïchi

|

« マルクンダ・オーレス | トップページ | カビールとオーレス ベルベル語の話 »

アラブ・マグレブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フーリア・アイシ:

« マルクンダ・オーレス | トップページ | カビールとオーレス ベルベル語の話 »