« イマジゲンの地 | トップページ | ベルベルの歌 西サハラとリビア »

2009年4月12日 (日)

アマジグ、タマジット、ティナリウェン

しばらくベルベルで見て行こうと思いますが、イマジゲン(imazighen)やアマジグ(amazigh)で検索すると、興味深いクリップが沢山出てきます。今日はそれらの中からいくつか。来日して大きな話題になったマリのトゥアレグ族のグループ、ティナリウェンもベルベル系になりますが、ベルベルと総称される人々はサハラ周辺の広大な領域に散らばっているため、言葉や文化には当然相当な地域差があるようです。モロッコのベルベルとティナリウェンの場合は共通点が見えるようにも思いますが、カビールとの場合はどうでしょう。アルジェリアの場合は、色々な歌や音楽が入り混じっているからでしょうか。我々が一聴して馴染みやすいような、メロディアスな歌が散見できます。余談になりますが、ベルベル族は昔ならセム・ハムのハム系に入っていたと思います。人種的にはコーカソイドということにはなるようです。

Abbassi

このグループはモロッコのベルベルのようです。と言うことは言葉はタマジット語でしょうか。タマジットは、日本で唯一教本が手に入るベルベル語では。

Amazigh music - Ouardia

こちらはカビールのアマジグ(ベルベル)・ポップスでは。女性の甲高い叫び声、ユーユーの声もアルジェリアでは広く行われるようですが、ベルベルから入ったものでしょうか?

ANZAR [KABYLIE MUSIC ♫♫♫]

アルジェリア東北部カビール地方のベルベル宗教儀礼の映像を収録したと思しき興味深い映像。

tinariwen

ティナリウェンの2006年のライヴ映像。マリの場合は、かなりブラック・ミュージックに近寄ってくると思います。

|

« イマジゲンの地 | トップページ | ベルベルの歌 西サハラとリビア »

アラブ・マグレブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アマジグ、タマジット、ティナリウェン:

« イマジゲンの地 | トップページ | ベルベルの歌 西サハラとリビア »