« シェイフ・レイモンとサミ・エルマグリビ | トップページ | カイロ会議のイラキ・マカーム+海王丸 »

2009年5月23日 (土)

カイロ会議(1932年)の録音

1932年にエジプトのカイロで催されたアラブ音楽会議は、アラブ音楽史だけでなく、世界音楽史から見てもエポック・メイキングなものでしたが、そこにはアラブ諸国の音楽家や音楽学者のみならず、西洋の大作曲家バルトークやヒンデミットのような大御所も招待されたことでも有名。主催したのは、音楽や文化に理解と造詣の深かった当時のエジプト国王フアード一世でした。その名高いカイロ会議関連の映像が結構youtubeにはあります。音源はディスクアラブからも数枚も出ていましたので、それらも使われているのではと思います。今日はまず導入として一本上げておきます。Redouaneの率いる楽団のナウバ(ヌーバ)演奏はディスクアラブから出ていましたので、その音源では。

Redouane et Larbi Bensari 1932 - Congrès des musiques savantes au Caire.-

Le Baron Rodolphe d'Erlanger ( noble français oeuvra pour le dialogue des cultures) peu avant sa mort, il fut l'organisateur des musiques savantes qui se déroula en 1932 au Caire.

|

« シェイフ・レイモンとサミ・エルマグリビ | トップページ | カイロ会議のイラキ・マカーム+海王丸 »

アラブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カイロ会議(1932年)の録音:

« シェイフ・レイモンとサミ・エルマグリビ | トップページ | カイロ会議のイラキ・マカーム+海王丸 »