« 1932年のクッバンチー楽団 | トップページ | ヴァイオリンの聴き比べ »

2009年5月27日 (水)

バルトークのヴァイオリン・デュオによるアラブ音楽

昨日少し触れた件のyoutubeを上げておきます。ハンガリーの大作曲家バルトークが、フィールドワーク先のトランシルヴァニアで聴いた民俗音楽のスタイルの原型(元はアラブ~ペルシア起源の曲)を、1913年にアルジェリア中部で偶然見出したという箇所ですが、44の無伴奏ヴァイオリン二重奏の中の「アラブの歌(旋律)」の1stヴァイオリンに、アルジェリアへの取材旅行で得た旋律が使われているようです。件の曲と全く同一かどうかは未確認ですが。このエピソードを知ったのは、伊東信宏氏の「バルトーク~民謡を発見した辺境の作曲家」(中公新書1370)でした。彼の作品には沢山のハンガリーやルーマニアの民謡がモチーフとして使われていますが、アラブの旋律が素材として使われているのは、他には余りなかったかも知れません。

Givens/Tao - Bartók Violin Duets Live (2/2)

この演奏の4分55秒辺りからが、例の「アラビアの歌」。44の無伴奏ヴァイオリン・デュオの42曲目です。男性が1stヴァイオリン。

Solo Sound Sample, German Violin, Excerpt of Bartok, Gypsy Sound

おまけで二本。おそらくバルトークの一番ポピュラーな曲、「6つのルーマニア民族舞曲」の一曲目です。オリジナルはピアノ独奏曲ですが、ヴァイオリンとピアノに編曲した版もよく弾かれます。この曲はタラフ・ドゥ・ハイドゥークスもアルバム「仮面舞踏会」(浅田真央選手のスケートで有名になったあのハチャトゥリアンの曲がタイトル)で入れてました。このヴァイオリンのシリーズは、目の前で聞くヴァイオリンの音の質感がよく分かります。

Bartok Excerpt, German Violin Solo Sound Sample, Nice Sound, Eboyinc

これも同じルーマニア民族舞曲の4曲目。トランシルヴァニアのラメント(哀歌)風な曲調に、ドイツ・ヴァイオリンの柔らかい音色がなかなかマッチしています。

|

« 1932年のクッバンチー楽団 | トップページ | ヴァイオリンの聴き比べ »

ハンガリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バルトークのヴァイオリン・デュオによるアラブ音楽:

« 1932年のクッバンチー楽団 | トップページ | ヴァイオリンの聴き比べ »