« モロカン・ジュー&パレスティナの歌手の共演 | トップページ | 往年のハウズィ歌手 »

2009年5月18日 (月)

ハシェミ・ゲルアビの歌は・・・

再度アルジェリアに戻ります。どうもまだハウズィとシャアビの境目が不明確なままですので、詩の韻律などの違いから説明されている仏Club du Disque ArabeのHawziシリーズから引用しておきたいと思いますが、その前にもう一人名歌手の映像をアップしておきます。この人もハウズィで検索して出てきましたが、一般にはシャアビの歌手として知られていると思います。彼が手にしている楽器、ギターとマンドーラ(マンドリンのルーツと考えられているようです)の合いの子のようです。サウンドホールの菱形は、間違いなくマンドーラのものですが、ギターのように胴のくびれがあります。
ハウズィとシャアビの違い、古典的な度合いだけではないようです。今日のビデオなら、一曲目はハウズィ的、二曲目はシャアビ的と言えるのかもと思っていますが・・・。二曲目ではユーユーが聞こえます。

Hachemi Guerouabi - El Harraz

EL HACHEMI GUEROUABI - NSABLEK YA OMRI

El Hachemi Guerouabi né le 6 janvier 1938 à El Mouradia (La Redoute - Alger et décédé le 17 juillet 2006 à Zeralda - Alger) est un chanteur algérien du genre chaâbi.
Guerouabi fera la joie des mélomanes algériens), chantant la jeunesse perdue.Guerouabi se rendra célèbre avec les poèmes chaabis célèbres comme «youm el djemaâ » « Laachiq, Aouicha ou el Harraz » Gravement atteint d'un cancer, il est décédé le 17 juillet 2006 et a été enterré dans le cimetière du quartier qui l'a vu naître.

|

« モロカン・ジュー&パレスティナの歌手の共演 | トップページ | 往年のハウズィ歌手 »

アラブ・マグレブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハシェミ・ゲルアビの歌は・・・:

« モロカン・ジュー&パレスティナの歌手の共演 | トップページ | 往年のハウズィ歌手 »