« ハウズィ歌手ハジ・ムリゼク | トップページ | ユデオ・アラブの歌手 リリ・ボニッシュ、リーヌ・モンティ »

2009年5月 6日 (水)

レネット・ロラネーズ

フランスのBudaから出ているTresors de la Chanson Judeo-Arabe(ユダヤ・アラブの歌の宝)シリーズからCDが出ていたレネット・ロラネーズ(1918-98)もyoutubeが見つかりました。一本目の解説によると、この人はセファルディー(スペイン系ユダヤ人)出身で、モロッコ系ユダヤ人のラビ(ユダヤ教シナゴーグの長)の娘とのこと。盲目ながら達者にウードを弾き語る姿は、相当にインパクトが強いと思いますが、いかがでしょうか。アラブ・アンダルスやセファルディーの歌の風合いも強く感じられ、言葉はアラビア語とラディノ語(ユダヤ・スペイン語)で歌われているようです。エル・アンカとの共演もあったようですが、彼とリリ・ボニッシュのスタイルの中間のようにも感じます。
彼女の歌っているジャンルは、アラブ・アンダルシア系のハウズィから、シャアビの過渡的なものになるのでは。ハウズィより大衆性が強く感じられますが、古典的な面も確かに残していて、昨日のハジ・ムリゼクに比べると、少しシャアビ的なのかなと思いました。ジャンルの線引きは、他国人には非常に分かりにくいように思いますが、本国でははっきり区別されるものなのでしょうか? Tresors de la Chanson Judeo-Arabeシリーズは何枚も出ていて、いかにこのジャンルでユダヤ人音楽家が幅を効かせていたかの証左のように思います。
彼女の名前についてですが、名前はレネットのみで、ロラネーズの頭のl(エル)は定冠詞、オラネーズは「オランの女性」の意味ではないかと思います。

Reinette L Oranais Blind Sephardi Jewish Chaabi Singer

1918 to 1998, Reinette L Oranais was the daughter of a Moroccan Rabbi and lived in Oran Algeria. She was also blind from a very young age. She sang in arabic and ladino and was a highly respected chaabi performer, performing with even Cheik El Haj Mohammed El Anka , who made over 130 lps. Even though she was Jewish, she was very loved by Oran's muslim population and left a rich chaabi legacy.. Blind.. and with so much adversity.. she over came and lived a full life. She died in Paris in 1998

Reinette l'oranaise

|

« ハウズィ歌手ハジ・ムリゼク | トップページ | ユデオ・アラブの歌手 リリ・ボニッシュ、リーヌ・モンティ »

アラブ・マグレブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レネット・ロラネーズ:

« ハウズィ歌手ハジ・ムリゼク | トップページ | ユデオ・アラブの歌手 リリ・ボニッシュ、リーヌ・モンティ »