« 往年のハウズィ歌手 | トップページ | エンリコ・マシアス »

2009年5月20日 (水)

ハウズィとシャアビの違い(英訳)

ここ数日のお約束通り、活動停止してしまったマグレブ音楽中心の素晴らしいレーベル、ディスクアラブ(Club du Disque Arabe)から出ていたLa Chanson Populaire Algerienne - Le Hawzi Vol.1 - Poemes de Ben Msayebから、ハウズィとシャアビの違いについてのA.Hachlef氏の記述の英訳を引用しておきます。所々単語の訳を入れておきますので、是非味読してみて下さい。このシリーズは4枚出ていましたが、このレーベルらしいラフな作りになっていて、4枚とも解説が全く同じな上に、英訳が途中で尻切れトンボのまま終わってしまっているのが残念な所(笑) 一方フランス語の方はフルに載っています。
ハウズィとシャアビの両方のルーツが、モロッコのマルフーンにあることは、ここで初めて知りました。文末に出てくるシェイフ・ハマダは、同シリーズVol.4に収録されていました。今日は彼のGALLALを叩き語っているビデオなどをアップしておきます。2本目は確か当ブログ3回目の登場です^^ 一昨日のゲルアビの歌唱もVol.4に入っています。

The differences between HAWZI and SHAABI are neither in the language (both genres have their roots in MALHUN poetry) nor in the music, which derives from Andalusian Arab music in both cases. Then, what about differences? The SHAABI prosody sticks to long metres and, notwithstanding(にも関わらず) the rhymes(韻) being alternate and the division of the poem in verses and refrain, a SHAABI poem is not really what we call a song nowadays. It is rather like a preislamic QASIDAH whereas, in the HAWZI genre, the MALHUN poet writes sets of quatrains(四行詩) comparable, except for the rhymes(韻), with the RUBAYATS(ルバイヤート) found in Persian poetry. In a quatrain of the HAWZI genre we find either alternate rhymes or one and the same rhyme repeated three times, the last line being blank verse, a structure that gives the composer a free hand, after imagining a variety of melodies for the three first lines, to conclude every quatrain with a new "finale" proper to display his great virtuosity. Modern songs have kept that main characteristic up to now. Composers have sometimes overexploited the possibilities offered by such a device, especially those who composed for UM KALTSUM. True to say, she was exceptionally brilliant at developing her variations endlessly.
  I would like to round off this unpretentious presentation of the HAWZI by mentioning that the genre, though it came into existence in towns, has soon been adopted by the Bedouins. Sheikhs HAMADA and MADANI would sing HAWZI poems to Oranese tunes(music of Western Algeria), with flute and GALLAL accompaniment. The GALLAL is a long percussion instrument with only one drumhead made of camel skin. 以下略

Cheikh Hamada, "Aïd el Kebir"

上記のハウズィ・コンピレーションVol.4に収録されていたハウズィ曲。都市歌謡の印象の強いハウズィですが、ベドウィンの歌手シェイフ・ハマダが歌うので、マンドーラではなく、ガスバの伴奏になっていて、そのためサハラっぽく感じられるのが不思議。Un Haouzi de Cheikh Hamada sur un poème du 17è. de Ben Triki E'tlemçani

Cheikh Hamada - Gasba

こちらはいかにもベドウィン(アラブ遊牧民)歌謡的。

|

« 往年のハウズィ歌手 | トップページ | エンリコ・マシアス »

アラブ・マグレブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハウズィとシャアビの違い(英訳):

« 往年のハウズィ歌手 | トップページ | エンリコ・マシアス »