« アンダルス音楽とセファルディーの歌 | トップページ | イラン系ユダヤ=セファルディー? »

2009年5月10日 (日)

モロッコ系ユダヤ版コル・ニドレイ他

もう少しモロッコのユダヤ音楽を追ってみたいと思います。毎年秋のユダヤ新年のヨム・キプール(大贖罪日)にのみ歌われる神聖な歌にコル・ニドレイがあります。カントールによって朗々と歌われる旋律は、ドイツ・ロマン派の作曲家、マックス・ブルッフがチェロ用に編曲し、西洋クラシック名曲としても知られていますが、「コル・ニドライ」とドイツ語風な発音になって広まっています。しかし元のヘブライ語式に発音するならコル・ニドレイです。この曲のモロッコ・ヴァージョンのyoutubeが見つかりました(一本目)。西洋的にアレンジされていると思いますが、元の味わいもかすかに残ってそうです。一方ブルッフが編曲したのはアシュケナジーム(東欧系ユダヤ)のコル・ニドレイの旋律。言葉は同じヘブライ語です。こちらは前に一度上げましたが、もう一度上げておきます。この旋律は、一般の西洋社会において一番知られているユダヤ宗教歌だと思います。3本目には他の宗教歌をモロッコのユダヤ人の男性が歌っているもの。モロッコ系ユダヤのコミュニティーは、ミズラヒーム(東方系)ではなく、セファルディーのグループに入るようです。つまり西暦70年後ではなく1492年前後にマグレブに離散してきたグループの末裔ということになります。ミズラヒームに入るイエメン系やエチオピア系程の古めかしさはなくても、十分に歴史のロマンを感じさせてくれる歌の節が残っていると思います。(youtubeにはないかも知れませんが)

Kol Nidrei - The Moroccan Version

Eyal Bitton sings the beautiful & ancient Moroccan version of KOL NIDREI in a modern style. This haunting oath is sung on Yom Kippur by Jewish communities worldwide - Sephardi & Ashkenazi.

Kol Nidre

Moroccan Jewish sacred singing

喋っている言葉はスペイン語に聞こえますので、おそらくラディノ語でしょう。ヘブライのピユティームを歌っています。Leon Azancot, a wonderful 80 year old Tangerine Jew (he should live to 120), sang some piyyutim in Hebrew and explained them in Spanish at his insurance office over the Socco Grande (entrance to the souk) in Tangier, Morocco. Video by Vanessa Paloma,

|

« アンダルス音楽とセファルディーの歌 | トップページ | イラン系ユダヤ=セファルディー? »

アラブ・マグレブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モロッコ系ユダヤ版コル・ニドレイ他:

« アンダルス音楽とセファルディーの歌 | トップページ | イラン系ユダヤ=セファルディー? »