« トレムセン | トップページ | モロカン・ジュー&パレスティナの歌手の共演 »

2009年5月16日 (土)

ウェッタール?の名人

大分前にモロッコのギンブリに似た弦楽器演奏をアップしましたが、その楽器(ウェッタール?)の名手と思しき演奏家のビデオを発見。モハ・ルイシャとありますが、モハメドの短縮形のようです。巨大な大蒜のような撫で肩ボディに細めの丸太のようなフレットレス棹は、見ているだけでもインパクト大(笑) 演奏はビルトゥオージティ豊かで、歌声も味があります。こういうベルベル系音楽は、黒人系音楽と並んでグナワの2つの大きな柱では。モロッコはアルジェリアよりはるかにベルベル人口が多いようですが、中世アンダルスの主役だったモーロ人の末裔が多くを占めているのでしょうか。そうだとすると彼らがこういうプリミティヴな楽器を手にするようになったのは、アフリカに渡ってからの黒人文化の影響なのでしょうか? 2本目に出てくる、鋭い女性ヴォーカルを聞くと、シェリファの歌声(仏Long Distance盤あり)を思い出します。もしかしたら本人でしょうか?

MOHA ROUICHA

rouicha mohamed

|

« トレムセン | トップページ | モロカン・ジュー&パレスティナの歌手の共演 »

アラブ・マグレブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウェッタール?の名人:

« トレムセン | トップページ | モロカン・ジュー&パレスティナの歌手の共演 »