« 短歌はウード、夏はナイ | トップページ | ビスクラの辻楽士 »

2009年6月 9日 (火)

ギリシアのセファルディーの踊り

今日は偶然youtubeのお薦めに入ってきたビデオをご紹介しておきます。セファルディー(スペイン系ユダヤ人)は、前に書きましたように1492年のイベリア半島でのレコンキスタ完了後は北アフリカやバルカン半島、トルコ、近東諸国などにディアスポラ(離散)した訳ですが、バルカンやトルコなど東地中海では当然そちらの音楽の影響を濃厚に受けています。
今日のビデオのホロンというのは、ギリシアのセファルディーに伝承されていた踊りのようですが、これは明らかに旧ユーゴ諸国やブルガリアのホロやルーマニアのホラに近い舞踊でしょう。ホラ自体は意外に新しい舞踊のようで、20世紀初頭にバルカン諸国に流行したようです。(水野信男著「ユダヤ音楽の歴史と現代」アカデミア・ミュージック刊、より)
しかしこのギリシアのホロンというのは、もしかしたら古代ギリシアにまで遡りうるものかも知れません。またいつかその辺りも探ってみたいと思います。伴奏しているのはリバイバル・クレズマーの中心的存在、Brave Old Worldのアラン・ベルン(バーン)とステュアート・ブロットマン他。

Sephardic dance: Horon

Horon, sephardic dance from Greece, demonstrated by Erik Bendix during the Klezmer dance workshop at the Yiddish Summer Weimar 2007. It is normally danced in a circle holding hands. The band: Alan Bern, accordeon - Sanne Möricke, accordeon - Christian Dawid, clarinet - Stuart Brotman, bass / trombone - Aaron Alexander, drums. For professional quality filming, more dances and dance descriptions, see DVD for sale at www.klezmer-wochen-weimar.de

|

« 短歌はウード、夏はナイ | トップページ | ビスクラの辻楽士 »

ユダヤ音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギリシアのセファルディーの踊り:

» 「ギリシャ」を含むニュースと関連グッズの紹介 [イマナビ!News&Shopping]
イマナビでは「ギリシャ」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「ギリシャ」に興味があれば是非ご覧ください! [続きを読む]

受信: 2009年6月12日 (金) 18時29分

« 短歌はウード、夏はナイ | トップページ | ビスクラの辻楽士 »