« アブド・ダゲル | トップページ | ハティクヴァ »

2009年6月 2日 (火)

ジューイッシュ・ヴァイオリン

今日は少しユダヤの方もヴァイオリン演奏を見てみます。これまた非常に候補が多く、クレズマーまで入れるとそれこそ星の数ほどあると思いますので(笑)、今回はクレズマーを除いて、ぱっと見てこれはと思った数本をかいつまんで取り上げてみました。「屋根の上のヴァイオリン弾き」(バイオリン弾き、とした方が検索に多くかかりそうな気もしますが)のような物語が生まれるほど、東欧系ユダヤ人(アシュケナジーム)とヴァイオリンは切っても切れない関係にあったと思います。特に一昔前までの西洋のクラシックにおいては、ヴァイオリニストに石を投げればユダヤ人に当たるのでは、と思うほど、ユダヤ人の名手が多かったです。ヤッシャ・ハイフェッツ、ユーディ・メニューヒン、レオニード・コーガン、ナタン・ミルシタイン、イツァーク・パールマン、シュロモ・ミンツ・・・上げ始めると、きりがありません。

jewish music - itzhak perlman violin \ israel zohar clarinet - klezmer soul

ハシディックの音楽に取り込まれたルーマニアのドイナ・スタイルの演奏だと思います。イツァーク・パールマンと、イスラエル・フィルの主席クラリネット奏者だったイスラエル・ゾハルのデュオ。95年頃にIn the Fiddler`s HouseというCD、ビデオが出ましたが、その頃の映像か? さすがパールマン、上手い、上手すぎ!

Jewish Violinist Leon Schwartz

テクニックはともかく、とても味わい深い演奏。古いスタイルのクレズマー音楽の生き証人のような人では。Recorded in his living room by folklorist Itzik Gottesman.

Chassidim playing violins

黒ずくめのハシッド派の人々の歌うニグンに、ヴァイオリンが合わさったような演奏。今回見つけた中で一番驚きの一本です。上手い下手でなく、とにかく衝撃的な映像でした。こんな映像が見れてしまって良いのでしょうか。

|

« アブド・ダゲル | トップページ | ハティクヴァ »

ユダヤ音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジューイッシュ・ヴァイオリン:

« アブド・ダゲル | トップページ | ハティクヴァ »